第20回全日本総合蹴球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第20回全日本総合蹴球選手権大会(だい20かいぜんにほんそうごうしゅうきゅうせんしゅけんたいかい)は、1940年5月24日から26日まで明治神宮外苑競技場にて開かれた全日本総合蹴球選手権大会である。慶應BRBが優勝、2連覇した。

概要[編集]

  • 本大会出場は8チーム。

出場チーム[編集]

試合[編集]

準々決勝[編集]

  • 関西大学 1-2 東京帝大
  • 全延禧 1-2 早大WMW
  • 関西学院大学 1-1 全普成(抽選の結果、全普成の勝利)
  • 東北帝大 0-3 慶應BRB

準決勝[編集]

  • 東京帝大 1-2 早大WMW
  • 全普成 1-2 慶應BRB

決勝戦[編集]

  • 早大WMW 0-1 慶應BRB