第20回世界スカウトジャンボリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第20回世界スカウトジャンボリー2002年12月28日から2003年1月8日まで、タイチョンブリー県サッタヒープで開催された、世界最大のボーイスカウトの祭典である。東南アジアで開催されるのは、1959年フィリピンで開かれた第10回世界ジャンボリーに続き2度目のことであった。

概要[編集]

約3万人のスカウトが世界中から集まり、12日間のキャンプ生活を通して様々なプログラムに取り組んだ。これらのプログラムは、スカウト運動という教育の枠組みの中で、自己啓発や社会的責任などを養うことを目的としている。この世界スカウトジャンボリーは、世界スカウト運動の発展と協調を促進するきっかけとなった。

テーマ[編集]

"Share our World, Share our Cultures"(「私たちの世界を共有し、それぞれの文化を分かち合おう」)

会場[編集]

会場となったサッタヒープはバンコクの南東 180 km に位置し、タイランド湾のビーチに面していた。会場面積は約 1,200 ヘクタールで、平原と丘、そして砂浜のある場所であった。

隊の構成[編集]

それまでの世界ジャンボリーと同様、標準の一個隊は36人のスカウトと4人の指導者で構成されていた。

関連項目[編集]

世界スカウトジャンボリー
第20回 タイ
前回
第19回 チリ
次回
第21回 イギリス