第2回日本女子サッカーリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第2回日本女子サッカーリーグ(JLSL)は前年と同じ6チームが参加。1990年4月から翌1991年1月まで3回戦総当たりとなり、9月から10月にかけて行われた「第11回アジア競技大会」を挟んでの長期シーズンとなった。

このシーズンは読売がシーズン冒頭より独走し、1月20日の鈴与戦(静岡市草薙球技場)で1試合を残して初優勝を決めた。

また前回は最下位であったプリマハムが躍進し、鈴与に次ぐ3位となった。

競技方法[編集]

  • 開催期間:1990年4月21日‐1991年1月27日
  • 試合時間:80分(40分ハーフ)で延長なし
  • 順位:1.勝点(勝利2点、引分1点、敗戦0点)
2.ゴールディファレンス(得失点差)
3.直接対決の成績
4.順位決定戦:80分(40分ハーフ)で決着しないときは20分(10分ハーフ)を行い、それでも決まらないときは再延長

参加チーム[編集]

日本における第2回日本女子サッカーリーグの位置
第2回日本女子サッカーリーグ 参加チーム所在地

成績[編集]

○:勝利 △:引き分け ●:敗戦

順位 チーム 読売 清水 プリマ 日産 新光 田崎 勝点 勝利 引分 敗戦
1位 読売ベレーザ ---- ○4-0
△1-1
○2-0
○4-0
○3-0
○1-0
○5-0
○6-1
○1-0
○5-2
○4-0
○4-0
○5-0
○4-0
○3-0
29 14 1 0
2位 鈴与清水FCラブリーレディース ●0-4
△1-1
●0-2
---- ○2-0
○3-0
△1-1
○4-2
○4-2
○6-1
○3-1
○2-0
○4-2
○7-0
●0-1
○2-1
22 10 2 3
3位 プリマハムFCくノ一 ●0-4
●0-3
●0-1
●0-2
●0-3
△1-1
---- △0-0
△3-3
△1-1
○2-0
○1-0
○2-0
△0-0
○1-0
○3-1
15 5 5 5
4位 日産FCレディース ●0-5
●1-6
●0-1
●2-4
●2-4
●1-6
△0-0
△3-3
△1-1
---- △1-1
●1-2
△2-2
○2-0
○2-0
○3-0
11 3 5 7
5位 新光精工FCクレール ●2-5
●0-4
●0-4
●1-3
●0-2
●2-4
●0-2
●0-1
●0-2
△1-1
○2-1
△2-2
---- ○2-0
○3-0
●2-3
8 3 2 10
6位 田崎真珠神戸 ●0-5
●0-4
●0-3
●0-7
○1-0
●1-2
△0-0
●0-1
●1-3
●0-2
●0-2
●0-3
●0-2
●0-3
○3-2
---- 5 2 1 12

個人成績[編集]

  • 最優秀選手:野田朱美(読売ベレーザ)
  • 最多得点:野田朱美(読売ベレーザ)16点
  • 最多アシスト:手塚貴子(読売ベレーザ)、早川明子(読売ベレーザ)8点
  • ベストイレブン
    • GK:古木由美(プリマハムFCくノ一)
    • DF:島村千亜紀(読売ベレーザ)、本田美登里(読売ベレーザ)、中山真由美(鈴与清水FC)
    • MF:早川明子(読売ベレーザ)、木岡二葉(鈴与清水FC)、松田理子(プリマハムFCくノ一)
    • FW:野田朱美(読売ベレーザ)手塚貴子(読売ベレーザ)、半田悦子(鈴与清水FC)、長峯かおり(新光精工FCクレール)
  • 敢闘賞:松田理子(プリマハムFCくノ一)、弘中和子(日産FCレディース)、坂田恵(日産FCレディース)、内山環(田崎真珠神戸)
  • ヤングプレーヤー賞:小野寺志保(読売ベレーザ)

関連項目[編集]