第2アジア・太平洋ケーブルネットワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第2アジア・太平洋ケーブルネットワーク (Asia Pacific Cable Network 2, APCN2) は、日本台湾中国韓国マレーシアシンガポールを結ぶ環状海底光ファイバー網の事。

2001年末に運用を開始した。建設費用は約1250億円で、ケーブルの総延長は19,000km。日本側では茨城県北茨城千葉県千倉の2箇所で陸揚げされている。

運用当初の回線容量は80Gbit/secであったが、2002年には倍の160Gbit/secに増速した。回線の一部に障害が発生しても短時間で自動復旧出来るセルフヒーリング機能に対応しているが、これはアジア地域では初の導入例。