第19SS武装擲弾兵師団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第19SS武装擲弾兵師団
19th SS Division Logo.svg
第19SS武装擲弾兵師団 (ラトビア第2)の師団章
創設 1944年1月
廃止 1945年5月
国籍 ナチス・ドイツ
所属 武装親衛隊
規模 師団
兵種 擲弾兵
人員
所在地
上級部隊
愛称
モットー
主な戦歴 第二次世界大戦

第19SS武装擲弾兵師団 (ラトビア第2)16. SS-Panzergrenadier-Division „Reichsführer SS“)は武装親衛隊師団である。

第15SS武装擲弾兵師団 (ラトビア第1)が編成された後、2つ目のラトビア人師団として1944年1月に編成された。バルト諸国での戦闘、とりわけクールラント・ポケットの戦いで活躍した。

編成[編集]

第2SS歩兵旅団に所属する第46武装擲弾兵連隊(ラトビア第6連隊)を中心に3個連隊が合流して編成され、同時に他の2個連隊番号が39から40、42から43へ変更された。

連隊称号はそれぞれVoldemars Veiss、Hinrich Schuldtとなっている。

師団長[編集]

着任 離任 階級(当時) 氏名
1943年9月5日 1944年3月15日 親衛隊上級大佐 ヒンリヒ・シュルト
en:Hinrich Schuldt
1944年3月15日 1944年4月13日 親衛隊大佐 ヴィルヘルム・ボック
Wilhelm Bock
1944年5月26日 1945年5月 親衛隊上級大佐 ブルーノ・シュトレッケンバッハ
Bruno Streckenbach