第19回全日本総合蹴球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第5回全日本総合蹴球選手権大会(だい5かいぜんにほんそうごうしゅうきゅうせんしゅけんたいかい)は、1939年6月9日から同月11日にかけて開かれた天皇杯全日本サッカー選手権大会の第19回大会である。本大会はすべて東京都の明治神宮外苑競技場で行われ、慶應BRBが優勝した。

明治神宮競技場で行われた本大会には8チームが参加。この回は大会フォーマット、とりわけ予選方式が大きく変更された。まず地域別の予選があった後、同予選を勝ち抜いたチームによる「地方対抗試合」が各地で行われた。前回大会の成績によって3次予選からのシードとなった関東A(早稲田大学)、関西A(関西学院大学)、朝鮮A(延禧専門学校)の3チームは順当に本大会に駒を進め、結局本大会に揃った8チームはすべて関東、関西、朝鮮の3地域で占められた。

準決勝の早稲田対全普成は、延長終了直前に全普成の金容植が同点ゴールを決めて2-2で試合が終わり、抽選により早稲田大学が勝利した。

決勝戦には慶応BRBと早稲田大学が勝ち残り、前回に引き続き早慶対決となった。試合は後半20分過ぎから雨の降る中、[1]1-1で延長戦にもつれ込んだ。延長前半に早稲田の渡辺が2点目を挙げて一時リードしたが、直後に慶応BRBが小畑のゴールで追いつき、延長後半終了1分前に二宮洋一がドリブル突破からのシュートを決めて、3-2と逆転した[2][1]。慶応はこれが4度目の優勝となった。[1]

この回は順位決定戦も行われ、1位から8位までの順位が定められた。

予選[3][2][編集]

地方予選[編集]

各地方予選を勝ち抜いたのは以下のチーム。関西学生トーナメントにはすでにシード権を持つ関学が優勝したため、準優勝の神戸高商が繰り上げ出場。関東B、Cと関西B、朝鮮Bは本大会からの参加。北海道、東北、東海、北陸、中国、九州は第2次予選(地方対抗試合)に進む。

  • 北海道:北海道大学
  • 東北:東北帝大
  • 関東B:慶應BRB - 本大会から
  • 関東C:東京帝国大学 - 本大会から
  • 東海:TSK[4]
  • 北陸:四高
  • 関西B:大阪クラブ - 本大会から
  • 関西C:神戸商高(関西学生トーナメント準優勝) - 本大会から
  • 中国:興文クラブ
  • 九州:五高
  • 朝鮮B:全普成 - 本大会から
  • 台湾:不明
  • 関東州:考究中

第2次予選[編集]

  • 東北代表対北海道代表
    • 東北帝大 2-0 北大(札幌で開催)
  • 東海代表対北陸代表
    • TSK 2-1 四高(5月14日に金沢の四高球場で開催)
  • 中国代表対九州代表
    • 興文クラブ 8-0 五高(熊本で開催)

第3次予選[編集]

第2次予選に勝利した3チームと、第3次予選からの参加となるシードの3チームが参加。勝ったチームが本大会に進む。関西B(大阪倶楽部)対台湾と関東州の勝者による試合はこの年は実施されず。

  • 早稲田 4-0 東北帝大(5月28日に仙台の第二高等学校蹴球グラウンドで開催)
  • 関学 7-1 四高(5月28日に金沢の四高球場で開催)
  • 全延禧 6-0 興文クラブ(6月2日に広島の広島高等学校グラウンドで開催)

出場チーム[編集]

試合[3][2][編集]

準々決勝[編集]

1939年6月9日
12:30

早稲田大学 6 - 0 神戸高商 明治神宮競技場
主審: 小長谷
1939年6月9日

全普成 4 - 0 関西学院大学 明治神宮競技場
主審: 高山(忠)
1939年6月9日

延禧専門 0 - 4 慶應BRB 明治神宮競技場
主審: 野村
1939年6月9日

大阪クラブ 0 - 8 東京帝国大学 明治神宮競技場
主審: 清水

敗者戦[編集]

1939年6月10日
12:30

関学 3- 2 神高商 明治神宮競技場
1939年6月10日

延禧専門 5 - 0 大阪クラブ 明治神宮競技場

準決勝[編集]

1939年6月10日
15:15

早稲田大学 2 - 2
(延長)
(抽選で早大勝利)
全普成 明治神宮競技場
主審: 竹内
1939年6月10日

慶應BRB 4 - 1 東京帝国大学 明治神宮競技場
主審: 小長谷

順位決定戦[編集]

7・8位決定戦

1939年6月11日
12:30

大阪クラブ 2 - 1 神高商 明治神宮競技場

5・6位決定戦

1939年6月11日
13:50

延禧専門 6 - 1 関学 明治神宮競技場

3・4位決定戦

1939年6月11日
15:10

全普成専門 5 - 3 帝大 明治神宮競技場

決勝戦[編集]

1939年6月11日
16:30

慶応BRB 3 - 2 早大 明治神宮競技場
主審: 高山(英)
慶応BRB
GK 津田幸男
RF 石川洋平
LF 加藤嗣夫
RH 高島良輔
CH 田中晋哉
LH 笠原隆
RWF 篠崎三郎
RIF 播磨幸太郎
CF 二宮洋一
LIF 小畑実
LWF 渡辺義良
早稲田大学
GK 不破
RF 石川
LF 荘田
RH 三宅
CH 末岡
LH 西村
RWF 米谷
RIF
CF 高橋
LIF 渡辺
LWF 中林

順位[2][編集]

  1. 慶應BRB
  2. 早稲田大学
  3. 全普成専門
  4. 東京帝大
  5. 延禧専門
  6. 関西学院大学
  7. 大阪サッカークラブ
  8. 神戸高商

参考文献[編集]

  1. ^ a b c 鈴木武士編著 『天皇杯六十五年史』 財団法人日本サッカー協会、1987年。
  2. ^ a b c d 轡田三男 「サッカーの歴史 天皇杯全日本選手権 (6)」『サッカーマガジン』 ベースボール・マガジン社、1968年8月号、116-118頁。
  3. ^ a b 轡田三男 「サッカーの歴史 天皇杯全日本選手権 (5)」『サッカーマガジン』 ベースボール・マガジン社、1968年7月号、111頁。
  4. ^ 轡田三男によれば「JSK」。