第18軍 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第18軍
Hatazo Adachi signed surrender.jpg
降伏する第18軍安達司令官
創設 1942年昭和17年)11月
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位
所在地 ニューギニア
編成地 ラバウル
通称号/略称
最終上級単位 南方軍
最終位置 ニューギニア タンボク
主な戦歴 第二次世界大戦
(ニューギニアの戦い)
テンプレートを表示

第18軍(だいじゅうはちぐん)は、大日本帝国陸軍の一つ。

沿革[編集]

昭和17年(1942年)11月に編成され、第8方面軍隷下ニューギニア方面の作戦を担当した。北東および北西ニューギニアで戦闘を続けたが、優勢な連合国軍の攻撃により甚大な損害を蒙り、壊滅状態となった。補給も途絶したため、連合国軍との戦闘のみならず、食糧不足にも陥り、飢餓による死者も多数出している。

軍概要[編集]

歴代司令官[編集]

歴代参謀長[編集]

最終司令部構成[編集]

最終所属部隊[編集]

  • 第20師団
  • 第41師団
  • 第51師団
  • 第12野戦高射砲隊
  • 第1船舶団
  • 第44兵站地区隊
  • 第54兵站地区隊
  • 第3野戦輸送司令部
  • 第4野戦輸送司令部
  • 第12航空地区司令部
  • 第30航空地区司令部

関連項目[編集]