第18回全日本総合蹴球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第18回全日本総合蹴球選手権大会(だい18かいぜんにほんそうごうしゅうきゅうせんしゅけんたいかい)は、天皇杯全日本サッカー選手権大会の第18回(1938年度)大会である。1938年6月17日から同月19日まで開催され、早稲田大学が優勝した。

本大会には4地区の予選を経た5チームが参加。関東予選は2組に分けて実施され、A組決勝は慶應義塾大学(現役学生からなる)が東京文理科大学を6-1で下し、B組決勝は早稲田大学慶應BRB(現役・OB混成からなる)を4-0で下した[1]。朝鮮予選決勝の全延禧全普成は、延長の末に全延禧が6-4で勝った。全延禧は前半だけで4-0とリードしていたが、後半に入ってから全普成が4点差を追いつき、延長戦にもつれこんだ。第4回延長の前半と後半に全延禧が1点ずつを挙げ、170分におよぶ激戦を制した[1]

試合は1回戦(準々決勝)の関西学院大学対名古屋高専のみ帝大球場、そのほかはすべて明治神宮外苑競技場で行われた。

準決勝では早稲田大学と優勝候補の筆頭とされていた全延禧が対戦した。早大が前後半に1点ずつを挙げて2点リードしたところから全延禧が追いつき、延長戦でも決着はつかなかったため、抽選によって早稲田の勝ち抜きが決まった[1]。早慶対決となった決勝では、前半5分に慶應義塾大学が先制したが、前半25分には早稲田大学が逆転、その後も早大が点を重ねて4-1で勝利した[1]

出場チーム[編集]

試合結果[1][編集]

準々決勝[編集]

1938年6月17日
16:00

関西学院大学 5 - 0 名古屋高専 帝大球場
主審: 松丸

準決勝[編集]

1938年6月18日
13:00

関西学院大学 2 - 5 慶應大学 明治神宮競技場
主審: 高山(忠)
1938年6月18日
15:00

全延禧 2 - 2
(抽選で早大勝利)
早稲田大学 明治神宮競技場
主審: 竹腰

決勝戦[編集]

1938年6月19日
14:00

早稲田大学 4 - 1 慶應大学 明治神宮競技場
主審: 高山
早稲田大学[1]
GK 不破整
RF 吉田義臣
LF 荘田修平
RH 柴田淑彦
CH 三宅垣好
LH 笹野積次
RWF 米谷徳也
RIF 末岡圀孝
CF 加茂正五
LIF 渡辺義正
LWF 高橋英辰
慶應義塾大学[2]
GK 津田
RF 加藤
LF 宮川
RH 笠原
CH 石川
LH 高島
RWF 篠崎
RIF 渡辺
CF 二宮(洋)
LIF 小畑
LWF 猪俣

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 轡田三男 「サッカーの歴史 天皇杯全日本選手権 (4)」『サッカーマガジン』 ベースボール・マガジン社、1968年6月号、111-113頁。
  2. ^ 鈴木武士編著 『天皇杯六十五年史』 財団法人日本サッカー協会、1987年。

蹴球 第六巻 第一号 (PDF)”. pp. 3-6頁 (1938年). 2009年9月6日閲覧。