第15回全日本総合蹴球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第15回全日本総合蹴球選手権大会
開催国 日本の旗 日本
開催期間 1935年6月1日-6月2日
参加チーム数 6
優勝 全京城蹴球団英語版
準優勝 東京文理科大学
試合総数 5
1934
1936
テンプレートを表示

第15回全日本総合蹴球選手権大会(だい15かいぜんにほんそうごうしゅうきゅうせんしゅけんたいかい)は、全日本総合蹴球選手権大会(現在の天皇杯全日本サッカー選手権大会)の第15回大会である。大会は1935年6月1日から同月2日まで開催され、日本統治時代の朝鮮全京城蹴球団英語版が優勝した。

第4回からの全日本選手権は明治神宮大会の開催年には同大会ア式蹴球の部を兼ねて行われてきたが、この年から明治神宮大会とは別に「全日本総合蹴球選手権大会」が始まった。[1]日本一を決める全国大会がふたつ存在することになったが、この回からは全日本総合選手権の優勝チームが全日本選手権のチャンピオンとされている。[1][2]翌年のベルリンオリンピックに向けた強化策としての試合数増加が大会創設の目的だった。[1][3]FAカップは従来通り明治神宮大会の優勝チームに与えられ、全日本総合選手権の優勝チームには日本蹴球協会(JFA)杯が授与された。[4]

関東予選決勝は東京文理科大学×早稲田大学(1-0)、[1]朝鮮予選決勝は全京城×全平壌(1-0)[5]

本大会には各地方予選を勝ち抜いた6チームが参加。試合は全試合が明治神宮外苑競技場で行われた。全日本選手権の歴史で朝鮮から初の参加チームとなった全京城には、金容植(ベルリンオリンピック日本代表)をはじめ、当時の朝鮮を代表する名手が揃っており、準決勝から登場すると2試合で12ゴールを挙げて優勝した。全京城はこの年の10月にあった明治神宮大会にも優勝(記録上表記は京城蹴球団)した。

出場チーム[編集]

試合結果[1][編集]

1回戦(準々決勝)[編集]

1935年6月1日
14:00[注 1]

東京文理大 4 - 2 北海道大学 明治神宮競技場
主審: 竹内
1935年6月1日
15:30

関大クラブ 4 - 2 仙台サッカークラブ 明治神宮競技場
主審: 竹腰

準決勝[編集]

1935年6月2日
10:00

東京文理大 3 - 0 関大クラブ 明治神宮競技場
主審: 井出
1935年6月2日
11:30

全京城蹴球団 6 - 0 名古屋高商 明治神宮競技場
主審: 松丸

決勝[編集]

1935年6月2日
15:30

全京城蹴球団 6 - 1 東京文理大 明治神宮競技場
主審: 浜田

決勝戦メンバー[編集]

全京城蹴球団[5] 東京文理大
Pos. 選手 Pos. 選手
GK 李恵逢 GK 中垣内
RF 朴奎禎 RF 阿部
LF 鄭龍洙 LF 三塚
RH 李裕瀅 RH 藤田
CH 金容植 CH 原崎
LH 金炳禧 LH 木村
RWF 朴孝済 RWF 小川
RIF 裴宗鎬 RIF
CF 金成汗 CF 松永
LIF 金景漢[注 2] LIF 久下
LWF 康基淳 LWF 竹内

注釈[編集]

  1. ^ 『蹴球』第三巻 第三号 では「一時」。
  2. ^ 『蹴球』第三巻 第三号 では「崔」。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 轡田三男 「サッカーの歴史 天皇杯全日本選手権 (4)」『サッカーマガジン』 ベースボール・マガジン社、1968年5月号、111-113頁。
  2. ^ 天皇杯の由来・歴代優勝チーム”. 日本サッカー協会. 2009年2月17日閲覧。
  3. ^ 日本蹴球協会編 『日本サッカーのあゆみ』 講談社、1974年、197-198頁。
  4. ^ 鈴木武士編著 『天皇杯六十五年史』 財団法人日本サッカー協会、1987年、90-91頁。
  5. ^ a b 大島裕史 『日韓キックオフ伝説 ワールドカップ共催への長き道のり』(文庫版) 集英社、2002年、67頁。