第146回メルボルンカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第146回エミレーツメルボルンカップは、2006年11月7日メルボルンフレミントン競馬場第7競走、コース3200mで行われた。発走は午後3時(日本時間同1時)。賞金総額500万オーストラリアドル、優勝賞金300万オーストラリアドル。

競走施行時の状況[編集]

出走馬は地元オーストラリアが14頭、ニュージーランド3頭。オセアニア以外ではイギリス3頭、日本2頭、アイルランド1頭の23頭立てで争われた。

馬番号はハンデキャップによる負担重量順である。ゲート番号(枠番号)とは一致しない。ゲートは数字の若い順にコースの内側からスタートする。

1番のイェーツはアイルランドからの遠征馬で同年イギリスのゴールドカップを優勝している。前走はアイリッシュセントレジャー2着。トップハンデ59kgは2番目のデルタブルースより3kg重い。

2番のデルタブルースは日本からの遠征で2004年菊花賞優勝馬、前走のコーフィールドカップからオーストラリア入りし3着だった。ハンデ56kg。

3番目のハンデは55.5kgで2頭。3番は地元オーストラリアのレイリングス。同シーズンは不振だが前年のAJCメトロポリタンハンデキャップ、コーフィールドカップを優勝しており、コーフィールドカップでは日本のアイポッパーを下している。

4番トーキートはイギリスからオーストラリアへの移籍馬で、イギリス時代は2005年セントレジャー3着がある。同年はAJCメトロポリタンハンデキャップ、コーフィールドカップを連勝中。

日本からもう1頭参戦した12番ポップロックはハンデ53kg。前走はデルタブルースとともにコーフィールドカップに参戦し7着だった。

人気は割れたが4番トーキートと12番ポップロックが単勝6倍で1番人気、3番人気はイェーツの6.5倍。優勝したデルタブルースは18倍の7番人気であった。

ヴィクトリアダービーの優勝馬エフィシェントは損傷のため出走を取り消して、23頭立てで行われた。ディゼールの負担重量は52kgから52.5kgに変更された。

出走表[編集]

馬番 枠番 馬名(生産国) 調教国 斤量 騎手 調教師 オッズ
1 4 イェーツ
Yeats (IRE)
アイルランド共和国の旗 アイルランド 59kg K・ファロン
K Fallon
A・オブライエン
A O'Brien
6.5
2 11 デルタブルース
Delta Blues (JPN)
日本の旗 日本 56kg 岩田康誠
Y Iwata
角居勝彦
K Sumii
18
3 2 レイリングス
Railings (AUS)
オーストラリアの旗 オーストラリア 55.5kg D・ビードマン
D Beadman
J・ホークス
J Hawkes
51
4 9 トーキート
Tawqeet (USA)
オーストラリアの旗 オーストラリア 55.5kg D・ダン
D Dunn
D・ヘイズ
D Hayes
6
5 10 ジョーディランド
Geordieland (FR)
イギリスの旗 イギリス 54kg L・デットーリ
L Dettori
J・オズボーン
J Osbourne
16
6 19 ヘッドターナー
Headturner (AUS)
オーストラリアの旗 オーストラリア 54kg G・チャイルズ
G Childs
J・ホークス
J Hawkes
71
7 17 ショートポーズ
Short Pause (GB)
オーストラリアの旗 オーストラリア 53.5kg N・キャロー
N Callow
D・ヘイズ
D Hayes
201
8 22 アクティヴェーション
Activation (NZ)
オーストラリアの旗 オーストラリア 53kg M・ロッド
M Rodd
G・ロジャーソン
G Rogerson
21
9 6 ランドゥンスターズ
Land 'n Stars (GB)
イギリスの旗 イギリス 53kg J・イーガン
J Egan
J・プールトン
J Poulton
201
10 7 マトゥーム
Mahtoum (AUS)
オーストラリアの旗 オーストラリア 53kg C・ブラウン
C Brown
K・ウォアー
K Waugh
201
11 15 オンアジューン
On A Jeune (AUS)
オーストラリアの旗 オーストラリア 53kg D・ガウチ
D Gauci
P・モンゴメリー
P Montgomerie
21
12 12 ポップロック
Pop Rock (JPN)
日本の旗 日本 53kg D・オリヴァー
D Oliver
角居勝彦
K Sumii
6
13 20 ズィッピング
Zipping (AUS)
オーストラリアの旗 オーストラリア 52.5kg G・ボス
G Boss
G・ロジャーソン
G Rogerson
10
14 21 ディゼール
Dizelle (AUS)
オーストラリアの旗 オーストラリア 52kg B・シン
B Shinn
J・ホークス
J Hawkes
26
15 1 アイスチャリオット
Ice Chariot (AUS)
オーストラリアの旗 オーストラリア 52kg J・バーン
J Byrne
R・マウンド
R Maund
201
16 5 ケリーオライリー
Kerry O'Reilly (NZ)
ニュージーランドの旗 ニュージーランド 52kg C・ラマス
C Lammas
J・ギブズ
J Gibbs
51
17 16 ザビート
Zabeat (NZ)
ニュージーランドの旗 ニュージーランド 52kg O・ドリューツ
O Doleuze
D・ローガン
D Logan
201
18 13 アートサクセス
Art Success (NZ)
オーストラリアの旗 オーストラリア 51.5kg A・パティロ
A Pattillo
J・コリンズ
J Collins
41
19 23 ディマージャー
Demerger (AUS)
オーストラリアの旗 オーストラリア 51kg S・バスター
S Baster
D・オブライエン
D O'Brien
101
20 24 グリスニング
Glistening (GB)
イギリスの旗 イギリス 51kg S・シーマー
S Seamer
L・クマーニ
L Cumani
81
21 14 マンデラ
Mandela (NZ)
ニュージーランドの旗 ニュージーランド 51kg C・ウィリアムズ
C Williams
R・ユイル
R Yuill
21
22 18 ドルフィンジョー
Dolphin Jo (AUS)
オーストラリアの旗 オーストラリア 50kg A・スピタリ
A Spiteri
T&K・オサリバン
T&K O'Sullivan
81
23 3 メイビーベター
Maybe Better (AUS)
オーストラリアの旗 オーストラリア 50kg C・マンス
C Munce
B・メイフィールド=スミス
B Mayfield-Smith
10

競走結果[編集]

レースはメルボルンの声援に応え、実況アナウンサーも「Japan One Two!!」を叫び、日本のデルタブルースが3分21秒47で優勝し、ポップロックも2着に入った[1][2]

着順 馬名 タイム
1 Delta Blues 3分21秒47
2 Pop Rock 3分21秒50
3 Maybe Better 3分22秒18
4 Zipping 3分22秒43
5 Land 'n Stars 3分22秒71
6 Mahtoum
7 Yeats
8 Activation
9 Mandela
10 Glistening
11 Kerry O'Reilly
12 Railings
13 Headturner
14 Short Pause
15 Dolphin Jo
16 Art Success
17 Dizelle
18 Geordieland
19 Demerger
20 On A Jeune
21 Tawqeet
22 Ice Chariot
23 Zabeat

脚注[編集]

  1. ^ 2006 Melbourne Cup result
  2. ^ Sports, Fox (2006年11月7日). “Delta Blues holds on for thrilling win”. News.com.au. http://www.news.com.au/story/0,23599,20716700-2,00.html