第14軍団 (北軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第14軍団(XIV Corps)
XIVcorpsbadge1.png
第14軍団第1師団記章
創設 1862年–1865年
国籍 アメリカ合衆国
軍種 北軍
上級部隊 カンバーランド軍
ジョージア軍
主な戦歴 ストーンズリバーの戦い
チカマウガの戦い
ミッショナリー・リッジの戦い
レサカの戦い
ケネソー山の戦い
ピーチツリークリークの戦い
ユトイクリークの戦い
ジョーンズバラの戦い
海への進軍
ベントンビルの戦い
指揮
著名な司令官 ウィリアム・ローズクランズ
ジョージ・ヘンリー・トーマス
ジョン・パーマー
リチャード・ジョンソン
ジェファーソン・C・デイヴィス

南北戦争中の北軍第14軍団(XIV Corps)は、西部戦線において、最も早く設立された軍団の一つである。

歴史[編集]

結成[編集]

1862年10月、一般命令168号に基づき、第13軍団と共に第14軍団が設立された。この命令はカンバーランド軍管区(Department of the Cumberland)の全部隊を第14軍団として組織し、ウィリアム・ローズクランズを軍団長とするものであった[1]

第14軍団の部隊は、以前はオハイオ軍と呼ばれており、ドン・カルロス・ビューエルの指揮下にあった。ビューエルのオハイオ軍は、正式ではないものの3つの軍団に分割されており、それぞれ第1軍団、第2軍団、第3軍団とされていた。ローズクランズが軍団長となった際に、軍はカンバーランド軍と改称され、12個師団より構成されていた。兵力は155個歩兵連隊、1個工兵連隊、35個砲兵中隊、6個騎兵連隊であった。

ストーンズリバー[編集]

カンバーランド軍と第14軍団は実質的には同一であり、かってのオハイオ軍の構成と同じように3つの「翼」に分かれていた。旧オハイオ軍第1軍団はカンバーランド軍右翼となりアレクサンダー・マクックが指揮を執った。旧第2軍団は左翼となりトマス・L・クリッテンデンが指揮官となった。旧第3軍団は中央翼となりジョージ・ヘンリー・トーマスチャールズ・C・ギルバートに代わって指揮官となった。この編成で、軍団はストーンズリバーの戦い(1862年12月31日 - 1863年1月2日)に参戦し、25%が戦死、戦傷、または行方不明となった。

チカマウガ[編集]

ストーンリバーの戦い直後の1863年1月9日、第14軍団の各「翼」は正式に軍団に昇格した。マクックの右翼は第20軍団となり、クリッテンデンの左翼は第21軍団となった。トーマスの中央翼が第14軍団の名前を継承した。トーマスはチカマウガの戦いで軍団に栄誉を与えた。

チャタヌーガからベントンビルへ[編集]

チカマウガの戦いの後、トーマスはカンバーランド軍の司令官に昇進し、ジョン・パーマー(John M. Palmer)が軍団長となって、ミッショナリー・リッジの戦いからアトランタ方面作戦を戦った。1864年8月にパーマーが軍団を去った後、リチャード・ジョンソン(Richard W. Johnson)が一時的に軍団の指揮を執った。その後、ジェファーソン・C・デイヴィス(efferson C. Davis)が軍団長となってジョーンズバラの戦いを戦った。アトランタの陥落後、第14軍団はカンバーランド軍から離れ、新しいジョージア軍へ配属された。デイヴィスは軍団長に留まり、1865年のベントンビルの戦いでも軍を率いた。

記章[編集]

軍団の記章はドングリの形をしている。1863年後半に補給もなく荒野に取り残され、ドングリを食べて生き残ったという厳しい時期があったが、それを忘れないためにドングリが記章に選ばれた。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]