第106親衛空挺師団 (ロシア空挺軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第106親衛空挺師団
創設 1944年1月15日
再編成 1946年6月
所属政体 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ロシアの旗 ロシア
所属組織 ロシア空挺軍
部隊編制単位 師団
兵科 空挺兵
兵種/任務/特性 空挺兵
標語 遂行できない任務はない
Нет задач невыполнимых'
最終位置 トゥーラ
主な戦歴 第二次世界大戦
第1次チェチェン戦争
テンプレートを表示

第106親衛空挺師団(106-я гвардейская воздушно-десантная дивизия;略称106 гв.ВДД)は、ロシア空挺軍の師団の1つ。モスクワ軍管区内のトゥーラに駐屯。「赤旗勲章」、「クトゥーゾフ二等勲章」を有する。1988~1991年、アレクサンドル・レベジが師団長を務めていた。

最近、外国の代表団、駐在武官の見学を受け入れている。

沿革[編集]

第二次世界大戦[編集]

  • 1944年1月15日:モスクワ郊外において、第16親衛空挺師団編成。
  • 1944年8月:モギリョフ州スタールイエ・ダローギ市に移転し、第9親衛軍第38親衛狙撃軍団に編入。
  • 1944年12月:第106親衛狙撃師団に改編
  • 1945年1月~2月:ブダペスト東部に集結。
  • 1945年3月:ヴェルシェグ-ブダケシ-ファチ-ビチケ地区において攻撃発起点を確保する任務を受領。3月18日までに、シャルヴィズ及びガイヤ川を渡河し、モル市を占領。3月25日、パパ市を迂回。3月29日、攻勢転移し、3月30日、ハンガリーオーストリア国境を横断、その後、軍団の第2梯隊となる。
  • 1945年4月:軍団がウィーンを奪取し、師団に赤旗勲章を授与。4月16日、ウィルヘルムズベルクを占領。
  • 1945年4月26日:モル市奪取の功績に対して、「クトゥーゾフ二等勲章」授与。師団の創設日。
  • 1945年5月:オーストリア・チェコスロバキア国境に進出し、5月8日、国境を横断、ズノイモ市を占領。5月11日、オレシュニャ市北東で、アメリカ第5戦車軍と会合。

戦後[編集]

  • 1946年6月:第106親衛空挺師団に改編
  • 1946年7月:ソ連(トゥーラ)に帰還。
  • 1947年12月3日:師団に親衛軍旗授与。
  • 1956年:空挺軍司令官直轄部隊となる。
  • 1957年~:人工衛星、宇宙船の着地保障に従事。
  • 1988年2月~:ザカフカーズ中央アジアで、特殊任務。
  • 1988~1989年:ザカフカーズ地域において、特殊任務を遂行。

ロシア連邦[編集]

  • 1992年:国連安保理の決定により、セルビアクロアチア紛争調停のため、平和維持軍を東スラボニアに派遣。
  • 1992年:駐カーブル大使館員の救助作戦。
  • 1992年10~11月:混成連隊を編成し、北オセチアに派遣。
  • 1994年11月~1995年4月:チェチェン共和国において、特殊任務を遂行。
  • 1999年9月:師団と配下の全パラシュート降下連隊に対して、国防相旗を授与。

編制[編集]

  • 第51パラシュート降下連隊
  • 第137パラシュート降下連隊
  • 第1182砲兵連隊
  • 第107独立高射ミサイル大隊
  • 第322独立工兵大隊
  • 第731独立通信大隊
  • 第43独立修理大隊
  • 第110独立軍事輸送航空飛行隊

歴代師団長[編集]

職名 就任年 氏名 階級
師団長 1943年 - 1944年 アレクサンドル・カザンキン 親衛少将
師団長 1944年 - 1946年 イワン・ヴィンドゥシェフ 親衛少将
師団長 1946年 - 1947年 イワン・コーネフ 親衛少将
師団長 1947年 - 1949年 アファナシー・コプイチコ 親衛少将
師団長 1949年 - 1951年 アレクサンドル・エパンシン 親衛大佐
師団長 1951年 - 1955年 アレクサンドル・ゲラシモフ 親衛少将
師団長 1955年 - 1960年 アレクサンドル・コレシチェンコ 親衛少将
師団長 1960年 - 1961年 マガメト・タンカエフ 親衛少将
師団長 1961年 - 1964年 コンスタンチン・クロチキン 親衛大佐
師団長 1964年 - 1969年 ユーリー・ポタポフ 親衛少将
師団長 1969年 - 1972年 アレクサンドル・プルイトコフ 親衛少将
師団長 1972年 - 1976年 アナトーリー・ドブロヴォリスキー 親衛少将
師団長 1976年 - 1980年 エウゲニー・ポドコルジン 親衛少将
師団長 1980年 - 1984年 ゲンナジー・フィラトフ 親衛少将
師団長 1984年 - 1988年 ヒョードル・セルジェーチヌイ 親衛少将
師団長 1988年 - 1991年 アレクサンドル・レベジ 親衛少将
師団長 1991年 - 1993年 アレクサンドル・コルマコフ 親衛少将
師団長 1993年 - 2004年 エウゲニー・サヴィロフ 親衛少将
師団長 2004年 - アンドレイ・セルジュコフ 親衛少将

外部リンク[編集]