第1空母航空団 (アメリカ軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第1空母航空団
Cvw-1.gif
創設 1938年7月1日-
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
軍種  アメリカ海軍
タイプ 航空部隊
上級部隊 大西洋海軍航空部隊
基地 バージニア州アセアナ海軍航空基地
セオドア・ルーズベルト
ニックネーム CVW-1

第1空母航空団(だい1くうぼこうくうだん, : Carrier Air Wing One, CVW-1)はアメリカ海軍空母航空団の一つ。地上基地はバージニア州アセアナ海軍航空基地、搭載航空母艦は「セオドア・ルーズベルト」。

概要[編集]

艦隊航空戦力として、空母打撃群の主兵力となっている。混成航空部隊であり、戦闘攻撃機および電子戦機早期警戒機などで構成される。

歴史[編集]

アメリカ海軍空母航空団の中で最も歴史の古い部隊であり、1938年に設立された。「レンジャー」を始めとした初期の空母に搭載され、第二次世界大戦ではヨーロッパ太平洋両戦域に投入された。

ベトナム戦争には1966年から1967年にかけて「フランクリン・D・ルーズベルト」搭載で、1975年には「ジョン・F・ケネディ」搭載で参加した。湾岸戦争にも「アメリカ」搭載で参加している。2003年からは「エンタープライズ」に搭載。2013年現在「セオドア・ルーズベルト」に搭載されている。

主要部隊[編集]

  • 第86戦闘攻撃飛行隊(Strike Fighter Squadron 86,VFA-86)
  • 第136戦闘攻撃飛行隊(Strike Fighter Squadron 136,VFA-136)
  • 第211戦闘攻撃飛行隊(Strike Fighter Squadron 211,VFA-211)
  • 第251海兵戦闘攻撃飛行隊(Marine Fighter Attack Squadron 251,VFMA-251)
  • 第123艦載早期警戒飛行隊(Carrier Airborne Early Warning Squadron 123,VAW-123)
  • 第137艦載戦術電子戦闘飛行隊(Carrier Tactical Electronic Warfare Squadron 137,VAQ-137)
  • 第40艦隊兵站支援飛行隊第2分遣隊(Fleet Logistics Support Squadron 40 Det.2,VRC-40 DET.2)
  • 第11対潜ヘリ飛行隊(Helicopter Anti-submarine Squadron 11,HS-11)

過去に所属していた部隊[編集]