第1次マルーン戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第1次マルーン戦争は、ジャマイカ1731年から1739年まで8年間の間断続的に続いた、英国軍に対するマルーンの反逆である。

前史[編集]

反逆は8年間の間断続的に続いたが、それは事実上、1655年に始まり84年間も続いたものであった。

戦闘の経過[編集]

条約[編集]

1739年ら1740年、ジャマイカの英国総領事は、彼らマルーンの戦士を打ち負かすことができなかったので、彼らと協定を結ぶことにした。マルーンたちは主な5つの町(アコンポントレローニー・タウンムーア・タウン英語版スコッツ・ホールナニー・タウン英語版)に残り、彼らの立てた酋長と英国監督の元で生活していた。交換条件として、マルーンは新しい逃亡奴隷を取り入れないようにし、その代わり、英国側が逃亡奴隷を捕らえるのを手伝うことだった。当然ながらこの条件は、マルーン達と残りの黒人奴隷(en:Coromantee)の間に亀裂を生じさせ分断するためのものである。プランテーションからの逃亡奴隷は、それでも時々マルーンの居住区に逃げ込んでいたのだ。

この英国との妥協の責任者は、マルーンの指導者、クジョー英語版1680年1744年)であった。クジョーは、人々の独立を維持するために、巧みにそして勇敢に英国と何年も戦った小柄な男である。しかし、クジョーが年をとるにつれて、ますます幻滅することになった。クジョーは、彼の部下と他のマルーンたちとの諍いを目にした。彼は、未来への望みは、敵との名誉ある講和しかないと感じ、英国も同様に考えていた。1739年の条約は、このようにして成立した。

1年後、反逆者であるトレローニー・タウン・マルーンたちは、決して幸福ではなかったが、条約の調印に同意した。しかし、条約への不満は残った。

影響[編集]

後に、黒人奴隷(en:Coromantee)が蜂起したen:Tacky's War1760年)や、マルーンが黒人奴隷(en:Coromantee)に殺害されたこときっかけにして起こった第2次マルーン戦争英語版1795年 - 1796年)へと通じる。