第1極東戦線 (ソ連軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第1極東戦線ロシア語: 1-й Дальневосточный фронт第1極東方面軍、もしくは第1極東正面軍とも)は、第二次世界大戦末期(ソ連対日参戦時)にソ連極東地域に設置された赤軍の方面軍級部隊である。

概要[編集]

1945年8月5日、沿海軍集団(第1赤旗軍、第5軍、第25軍、第35軍、第9航空軍)、チュグエフカ作戦集団、第10機械化軍団から編成された。戦線の指揮機関は、カレリア戦線に基づき編成された。戦線の部隊は、沿海地方のグレロヴォ駅から朝鮮との国境にかけて展開した。

8月9日~9月2日、戦線は、ハルビン吉林方面において、戦略満州作戦に参加した。第1極東戦線は、ザバイカル戦線第2極東戦線及び太平洋艦隊と協同で、山岳・森林地帯の要塞を突破し、関東軍第一方面軍第十七方面軍を撃破して、満州東部、遼東半島38度線以北の朝鮮半島を占領した。

1945年10月1日、9月10日付最高司令部スタフカの命令に基づき、第1極東戦線は解散され、その指揮機関は沿海軍管区に再編された。

編制[編集]

指揮官[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]