第1回日本女子サッカーリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第1回日本女子サッカーリーグ (JLSL) は日本各地のリーグに所属していた6チームにより1989年9月から1990年1月にかけて開催された。関東から3チーム、東海から2チーム、関西から1チーム、合計6チームによりリーグ戦が行われた。

第1試合は9月9日(土)。国立西が丘サッカー場東京都)において18時30分からの開会式後、読売サッカークラブ女子・ベレーザ-清水FCレディースの対戦が行われ、読売が高倉麻子の先制点などにより2-0で勝利した。

その後、開幕で対戦したこの2チームが勝利を重ね、ともに勝ち点17と並んだがゴールディファレンス(得失点差)により清水が初代女王の座を獲得した。

競技方法[編集]

  • 開催期間:1989年9月9日‐1990年1月28日
  • 試合時間:80分(40分ハーフ)で延長なし
  • 順位:1.勝点(勝利2点、引分1点、敗戦0点)
2.ゴールディファレンス(得失点差)
3.直接対決の成績
4.順位決定戦: 80分(40分ハーフ)で決着しないときは20分(10分ハーフ)を行い、それでも決まらないときは再延長

参加チーム[編集]

日本における第1回日本女子サッカーリーグの位置
第1回日本女子サッカーリーグ 参加チーム所在地

成績[編集]

○:勝利 △:引き分け ●:敗戦

順位 チーム 清水 読売 田崎 新光 日産 プリマ 勝点 勝利 引分 敗戦
1位 清水FCレディース ---- ●0-2
○2-1
○4-1
○4-1
○1-0
○8-0
△3-3
○5-0
○7-3
○4-1
17 8 1 1
2位 読売ベレーザ ○2-0
●0-1
---- ○3-0
○6-1
○3-1
○2-0
△0-0
○2-0
○4-0
○4-0
17 8 1 1
3位 田崎真珠神戸 ●1-4
●1-4
●0-3
●1-6
---- △2-2
●1-2
○2-1
○2-0
○2-1
○1-1
8 3 2 5
4位 新光精工FCクレール ●0-1
●0-8
●1-3
●0-2
△2-2
○2-1
---- ○1-0
△0-0
△1-1
△2-2
8 2 4 4
5位 日産FCレディース △3-3
●0-5
△0-0
●0-2
●1-2
●0-2
●0-1
△0-0
---- ○3-1
○1-0
7 2 3 5
6位 プリマハムFCくノ一 ●3-7
●1-4
●0-4
●0-4
●1-2
△1-1
△1-1
△2-2
●1-3
●0-1
---- 3 0 3 7

個人成績[編集]

  • 最優秀選手:半田悦子(清水FCレディース)
  • 最多得点:周台英(清水FCレディース)12点
  • 最多アシスト:半田悦子(清水FCレディース)
  • ベストイレブン
    • GK:三觜麻州美(読売ベレーザ)
    • DF:島村千亜紀(読売ベレーザ)、山口小百合(清水FCレディース)、薩川理恵(清水FCレディース)、加治真弓(田崎真珠神戸)
    • MF:木岡二葉(清水FCレディース)、高倉麻子(読売ベレーザ)、野田朱美(読売ベレーザ)
    • FW:半田悦子(清水FCレディース)、周台英(清水FCレディース)、手塚貴子(読売ベレーザ)
  • 敢闘賞:瀬尾智美(田崎真珠神戸)、東明有美(プリマハムFCくノ一)、都築亜紀(清水FCレディース)
  • ヤングプレーヤー賞:永野伴美(清水FCレディース)、大竹奈美(読売ベレーザ)、山木里恵(日産FCレディース)、泉美幸(新光精工FCクレール)

関連項目[編集]