第二次サウード王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第二次サウード王国
الدولة السعودية الثانية
第一次サウード王国 1824年 - 1891年 ジャバル・シャンマル王国
:en:Muscat and Oman
:en:Aden Protectorate
第二次サウード王国の国旗
(国旗)
第二次サウード王国の位置
第二次サウード王国の版図
公用語 アラビア語
首都 リヤド
君主
1744年 - 1768年 トゥルキー・ビン・アブドゥッラー英語版(初代)
変遷
成立 1824年
滅亡 1891年

第二次サウード王国は、1824年から1891年まで存在したイスラム国家である。

歴史[編集]

1818年第一次サウード王国オスマン帝国とエジプト軍によって滅ぼされた。

1824年、王族トゥルキー・ビン・アブドゥッラー英語版リヤドに移って建国した。第一次サウード王国同様にワッハーブ派イマームが国王兼帯。

内紛が激しく、ナジュド北部のラシード家英語版ジャバル・シャンマル王国に実権を奪われるようになる。

1891年、最後の王であるアブドゥッラフマーン・ビン・ファイサル・アール=サウード英語版がラシ-ド家からの実権回復に失敗してリヤドを追われたために滅亡した(en:Battle of Mulayda)。

影響[編集]

クウェートに逃れていたアブドゥッラフマーン・ビン・ファイサル・アール=サウードの子アブドゥルアズィーズ・イブン=サウード1902年リヤド奪還に成功し、1932年サウジアラビア王国が建国された。