第三一号型哨戒艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第三一号型哨戒艇
第35号哨戒艇
艦級概観
艦種 哨戒艇
艦名
前級 第一号型哨戒艇
次級 -
性能諸元(1941年)
排水量 基準:1,162トン
全長 水線長:85.34m
全幅 7.93m
吃水 2.98m
機関 ロ号艦本式缶 2基
艦本式オールギヤードタービン 2基
2軸推進 10,000馬力
速力 18.0ノット[1]
航続距離
燃料 重油
乗員  
兵装
(1941年)
45口径三年式12cm単装砲2門
爆雷18個
兵装
(1944年)
45口径三年式12cm単装砲2門
25mm機銃 連装1基、単装4挺
爆雷60個(大発を搭載しない場合)
レーダー 13号1基(1944年、推定)
その他 大発1隻(第32号から39号)
同型艇 10隻

第三一号型哨戒艇(だいさんじゅういちごうがたしょうかいてい)は、日本海軍哨戒艇。同型艦10隻[2]

概要[編集]

二等駆逐艦の樅型駆逐艦9隻、若竹型駆逐艦1隻が1940年(昭和15年)に新設された哨戒艇籍に編入され、第一号型哨戒艇と同様に雷装のすべてと主砲の一部を撤去し、甲板上に兵員室を設けて陸戦隊の居住区とする改装を受けた。また第32号から39号は艦尾に大発1隻を搭載した。

開戦時、大発搭載設備を持たない2艇は佐伯防備隊に所属し、大発搭載艇は各地の攻略作戦に従事した。開戦直後のウェーク島攻略作戦で第32号、33号は自ら擱座して陸戦隊を揚陸させるなど活躍した。大戦後半には船団護衛任務が多くなり敵航空機や潜水艦により戦没、終戦時に残っていたのは第36号(旧「藤」)1隻だった。

艦番は40から45が欠番になっており太平洋戦争が無ければ他の若竹型駆逐艦も哨戒艇に編入する計画だったと思われる[3]

同型艦[編集]

哨戒艇に編入は全て1940年(昭和15年)4月1日。

第31号 
樅型駆逐艦「菊」。1944年3月30日、パラオ大空襲で戦没(パラオ
第32号 
旧樅型駆逐艦「葵」。1941年12月23日、ウェーク島攻略作戦時に擱座(ウェーク島
第33号 
旧樅型駆逐艦「萩」。1941年12月23日、ウェーク島攻略作戦時に擱座(ウェーク島)
第34号 
旧樅型駆逐艦「薄」。1944年7月3日、航空機の攻撃で戦没(トラック)
第35号 
旧樅型駆逐艦「蔦」。1942年9月2日、航空機の攻撃で戦没(ソロモン
第36号 
旧樅型駆逐艦「」。終戦時スラバヤで残存。戦後は復員輸送に従事、輸送中に一時インドネシア軍に奪取される。1947年オランダ海軍が接収し解体。
第37号 
旧樅型駆逐艦「菱」。1942年1月24日、バリクパパン沖海戦で米駆逐艦4隻と交戦し沈没(バリクパパン
第38号 
旧樅型駆逐艦「蓬」。1944年11月25日1時15分頃、マニラから高雄への輸送作戦に従事するさんとす丸の護衛中、バシー海峡にて米潜「アトゥル」の攻撃で戦没した。艦橋および機械室付近に二発の魚雷を受け、1分ほどで沈没。艇長の高田又男大尉以下、145名が戦死した。[4]後年、高雄の道教霊廟、紅毛港保安堂にて神艦として祀られるようになる。[5]
第39号 
旧樅型駆逐艦「」。1943年4月23日米潜「シーウルフ」の攻撃で戦没(台湾東方)
第46号 
若竹型駆逐艦夕顔」。1944年11月10日米潜「グリーンリング」の攻撃で戦没(石室崎沖)

画像[編集]

第三一号型哨戒艇
沈没する哨戒艇第39号、その1。1943年4月23日、潜水艦シーウルフより撮影。
沈没する哨戒艇第39号、その2。艦尾にスロープが見える。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第13巻 小艦艇I』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0463-6

脚注[編集]

  1. ^ 『日本の軍艦 第13巻』p168によると非常時には25ノットまで可能。
  2. ^ 樅型駆逐艦からの編入9隻。若竹型駆逐艦から1隻。樅型と若竹型の違いは全幅が違う程度なので同型艦10隻として扱っている(『日本の軍艦 第13巻』p168による)。
  3. ^ 『日本の軍艦 第13巻』p190による。
  4. ^ JACAR(『昭和19年2月7日~昭和19年11月25日 第38号哨戒艇戦時日誌戦闘詳報(3)』 アジア歴史資料センター Ref.C08030626900 (防衛省防衛研究所)
  5. ^ 台湾・高雄に日本の「軍艦」祭る新堂完成 日本統治時代の軍港、今も追悼供養 産経新聞 2014年1月12日閲覧

関連項目[編集]