第一作法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第一作法(だいいちさほう、イタリア語: Prima pratica)は、初期バロック音楽において、「現代的な」様式よりもジョヴァンニ・ダ・パレストリーナの様式やジョゼッフォ・ツァルリーノの理論を重んじる立場である。「現代的な」様式を重んじる第二作法とは対照的な立場をとる。それぞれ「古典様式(stile antico)」と「現代様式(stile moderno)」と同義語である。この用語は新しい音楽様式をめぐるクラウディオ・モンテヴェルディジョヴァンニ・マリア・アルトゥージとの論争の中で用いられた。

特徴としてルネサンス音楽にみられる厳格な対位法の使用、不協和音の制御、過剰な装飾や器楽の表現の抑制などがあげられる。そのため保守的な教会音楽や、対位法の練習テキストにふさわしいとされ、後世ではヨハン・ゼバスティアン・バッハの『ミサ曲 ロ短調』やルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの『ミサ・ソレムニス』が代表例としてあげられる。

文献[編集]

  • Claude V. Palisca. "Prima pratica", Grove Music Online, ed. L. Macy , grovemusic.com.
  • Grout, Donald J. A History of Western Music (6th ed.), W.W. Norton and Company, New York, 2001. ISBN 0-393-97527-4