窪川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
窪川駅
JR窪川駅舎(2013年5月)
JR窪川駅舎(2013年5月)
くぼかわ - Kubokawa
高知県高岡郡四万十町琴平町16-24(JR四国)
高知県高岡郡四万十町琴平町16-28(土佐くろしお)
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
土佐くろしお鉄道
電報略号 クホ
駅構造 地上駅
ホーム 3面4線
開業年月日 1951年昭和26年)11月12日
乗入路線 3 路線
所属路線 土讃線(JR四国)
駅番号 K26
キロ程 198.7km(多度津起点)
岡山から251.4km
高松から231.4km
◄K25 仁井田 (1.5km)
所属路線 土佐くろしお鉄道中村線
JR予土線直通含む)
駅番号 TK26
キロ程 0.0km(窪川起点)
(4.4km) 若井 TK27►
備考 共同使用駅(駅舎は別)
みどりの窓口

窪川駅(くぼかわえき)は、高知県高岡郡四万十町琴平町にある、四国旅客鉄道(JR四国)・土佐くろしお鉄道である。駅番号はJR四国がK26、土佐くろしお鉄道がTK26

四万十町(旧・窪川町)の代表駅であり、全特急列車が停車する。

概要[編集]

JR四国の土讃線と、土佐くろしお鉄道の中村線の2路線が乗り入れ、土讃線は当駅が終点、中村線は当駅が起点である。1951年国鉄土讃本線の終着駅として開業し、その後土讃本線の事実上の延長として中村線が1963年1970年の2回に分けて開業した。

中村線を土讃本線の一部とせず独立させたことが赤字83線特定地方交通線に指定される原因となり、国鉄分割民営化後の1988年4月1日に中村線は土佐くろしお鉄道に移管された。この年の6月10日には土讃本線が土讃線に改称された。

土讃線の特急列車は、当駅に乗り入れる9往復が全て中村線と相互直通運転を行っており、乗務員は当駅で交替する。普通列車の直通運転は行われていない。

歴史[編集]

駅構造[編集]

地上駅。JRと土佐くろしお鉄道の駅舎は別々になっており、土讃線から中村線への乗り換え時のみ、構内のホームにある中間改札が使用される。

JRの駅舎は平屋建てで、単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線を有する。特急及び宇和島方面の列車は、JRのホーム(前者は3番線、後者は4番線)に停車する。

土佐くろしお鉄道の駅舎は2階建てで、JRの駅舎の北隣にある。ホームは単式ホーム1面1線を有する。

のりば[編集]

1 土佐くろしお鉄道中村線 中村宿毛方面 (普通のみ)
2 JR土讃線 須崎高知土佐山田方面 (普通のみ)
3 JR土讃線 須崎・高知・高松岡山方面 (特急・普通)
土佐くろしお鉄道中村線 中村・宿毛方面 (特急のみ)
4 土佐くろしお鉄道中村線 JR予土線直通(江川崎宇和島方面)

駅周辺[編集]

  • 四万十ショッピングプラザ
  • 岩本寺 - 四国八十八箇所霊場の第三十七番札所。駅から徒歩約5分。列車で高知方面から来て中村方面に向かう場合、駅を出てカーブを曲がった右手に見下ろせる。昭和58年に新築された本堂の天井には一般市民が書いた575枚の天井絵が飾られている。
  • 四万十川 - 岩本寺を過ぎてすぐ右手に見え始め、次の若井駅まで併走する。列車で高知方面から来て中村方面に向かう場合、四万十川本流がこの次に見えるのは中村駅を過ぎた先になる。
  • 高南観光自動車本社・車庫 - 四万十町を中心に路線を展開するバス事業会社。土佐くろしお鉄道の駅舎前からバスが発車する。土佐くろしお鉄道側駅舎の切符販売も受託している(切符販売については日・祝は休業)。
  • 高知県窪川警察署
  • 四万十町役場
  • 窪川郵便局
  • 国道56号
  • 国道381号

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
土讃線
特急「南風」・「しまんと」・「あしずり
土佐久礼駅 (K22) - 窪川駅 (K26)
普通
仁井田駅 (K25) - 窪川駅 (K26)
土佐くろしお鉄道
中村線
特急「南風」・「しまんと」・「あしずり」
窪川駅 (TK26) - 土佐佐賀駅 (TK30)
普通(JR四国予土線直通列車含む)
窪川駅 (TK26) - 若井駅 (TK27)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]