空軍気象局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
空軍気象局
Air Force Weather Agency.png
創設 1943年4月14日-
国籍 アメリカ合衆国
軍種 アメリカ空軍
タイプ 外局
任務 気象予測
上級部隊 空軍参謀本部
基地 ネブラスカ州 オファット空軍基地
ニックネーム AFWA

空軍気象局(くうぐんきしょうきょく Air Force Weather Agency,AFWA)はアメリカ空軍の組織。空軍参謀本部下の外局であり、気象部長(Director of Weather)を通じ、航空・宇宙作戦担当参謀次長(Deputy Chief of Staff Air and Space Operations)の監督下にある。AFWAの任務は、空軍。統合軍をはじめとするアメリカ軍各部隊に宇宙天気予報も含む、軍事気象情報・天候予測を提供することにある。本部はネブラスカ州オファット空軍基地所在。人員は約1,100名。

概要[編集]

前身はアメリカ陸軍通信部内の気象部に遡ることができる。直接の前身となったものは1943年4月14日にアメリカ陸軍航空軍に設立された気象航空団(Weather Wing)である。これは1946年1月7日に陸軍航空軍気象部(Army Air Forces Weather Service)、3月13日に航空気象部(Air Weather Service)に改編され、アメリカ空軍の設立と共に空軍に移管された。冷戦期は軍事空輸軍団(MAC)の所管であったが、1991年に空軍参謀本部の所管に移されている。現在の名称となったのは1997年のことである。

組織は本部および2個気象群、1個センターなどから構成されている。

  • 第1気象群(1st Weather Group,1WXG):オファット空軍基地所在、3個気象中隊からなる。アメリカ合衆国本土航空気象情報を取り扱う。
  • 第2気象群(2nd Weather Group,2WXG):2個気象中隊および1個システム運用中隊からなる。宇宙およびアメリカ国外の気象情報を取り扱う。
  • 空軍戦闘気象センター(Air Force Combat Weather Center,AFCWC):フロリダ州ハルバート飛行場所在。アメリカ各軍および特殊部隊と協力して、気象観測に関する新手法・技術の開発・試験を行っている。
  • 本部スタッフ
    • 人材・人事部(Manpower and Personnel Directorate,A1):人事担当。
    • 航空宇宙運用・計画・要求部(Air and Space Operations, Plans and Requirements Directorate,A3/5):人材教育、部隊の配置、気象情報の提供など。
    • 通信部(Communications Directorate,A6):指揮統制通信システム担当。
    • 戦略計画・構想部(Strategic Plans and Programs Directorate,A8):長期計画、会計、機材購入など担当。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]