究極戦隊ダダンダーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
究極戦隊ダダンダーン
ジャンル 格闘アクション
対応機種 アーケードゲーム
発売元 コナミ
人数 1人 - 2人同時プレイ
発売日 1993年
デバイス 1レバー+3ボタン
テンプレートを表示

究極戦隊ダダンダーン』(きゅうきょくせんたいダダンダーン)は、1993年秋にコナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)より発売されたアーケード用の格闘アクションゲーム。日本国外版のタイトルは『Monster Maulers』。

概要[編集]

操作は対戦型格闘ゲームのフォーマットに沿っており、プレイヤーは3人のキャラクターの中から1人を選んで、CPU専用のボスキャラクター[1]を撃破していく。また、2人同時プレイでは協力プレイとなる。

当時の業務用基板としては珍しく歌入りのテーマ曲が挿入されており[2]、本作のテーマ曲「闘え!ダダンダーン」を子門真人が歌っている。

作品の設定にはスーパー戦隊シリーズや『タイムボカンシリーズ[3]への数々のオマージュが見られる。

物語[編集]

世界征服を目論む軍団「ハッピードロッパーズ」によって放たれた六つの卵、それが孵化し邪悪な怪物が誕生した。世界平和のため、科学者に集められた特殊な力を持つ三人の若者達、彼らは「究極戦隊ダダンダーン」となる。彼らはハッピードロッパーズの野望を打ち砕けるのか?

基本操作[編集]

基本操作は8方向レバーと3つのボタンで行う。レバー操作は2D対戦型格闘ゲームの一般的なフォーマットに沿っており、レバー前で前進、レバー後ろで後退およびガード、レバー上でジャンプ、レバー下でしゃがみ動作となる。ボタンは弱攻撃、中攻撃、強攻撃となっている。また、レバーの入力とボタンの組み合わせで必殺技を出すこともできる。2人同時プレイ時は1Pと2Pが同じ位置で同時に同じコマンドを入力することで強力な協力技を使うこともできる。

基本的にはダダンダーン対敵ボスによる1対1(2人同時プレイ時は2対1)の対戦となるが、一部のステージでは横スクロールのアクションゲームになる。

キャラクター[編集]

究極戦隊ダダンダーン[編集]

本作のプレイヤーキャラクター。地球を支配しようと企む魔の手から平和を守る正義の戦士。一夜にして世界を恐怖に陥れたハッピードロッパーズを倒すため、闘いに赴く。

小鉄 (KOTETSU)
国籍:日本 / 身長:182cm / 体重:75kg / 年齢:29歳 / 趣味:俳句精神修行
中国拳法をベースに、忍術骨法を組み合わせた暗殺技の使い手。自らの生命力を引き換えにする強力な技を会得している。コスチュームは上半身裸でふんどしとプロテクターのみ。
  • 必殺技1:衝天砲 - 気弾を飛ばす。弱、中、強で気弾を発射する角度が変わる。
  • 必殺技2:瞬動脚 - 前方に突進する。
アン (ANNE)
国籍:イギリス / 身長:174cm / 体重:58kg / 年齢:22歳 / 趣味:ヨガクッキング
ダダンダーンの紅一点。驚異的な肉体能力を有し、鞭のようにしなる手足を駆使した攻撃を操る。
  • 必殺技1:シューティングスター - 空中からエネルギー弾を発射する。
  • 必殺技2:サンダーフラッシュ - 全身から電撃を放って攻撃する。
イーグル (EAGLE)
国籍:不明(海外版ではアメリカ) / 身長:202cm / 体重:98kg / 年齢:不明 / 趣味:プロレス
一切の過去が謎に包まれた人物。頑強な体格を活かしたプロレス技を操る。
  • 必殺技1:マッスルハンマー - 前進しつつアッパーを繰り出す。
  • 必殺技2:ハリケーンボンバー - 回転しつつ突進する。弱、中、強で突進する角度が変わる。

敵キャラクター[編集]

ハッピードロッパーズによって世界に解き放たれ、ダダンダーンの前に立ちはだかる異形の怪物達。ボスによっては体の一部分を破壊できるものがいる。

ケンタウロス (CENTAUR)
イラクステージに登場。
上半身は鎧を着た騎士、下半身は馬の半人半獣のモンスター。腕に装備しているシールドをヨーヨーのように飛ばして攻撃してくる。
モアイ (MOAI)
ブラジルステージに登場。
モアイに手が生えた動く石像。口からリップルレーザーを発射して攻撃してくる。
ステージのBGMは『グラディウスII -GOFERの野望-』のモアイステージのアレンジになっている。
風雷鬼 (FURAIKI、海外版はDIABLO)
中国ステージに登場。
青い肌でザンバラ髪の鬼。両手から巨大な気のかたまりを発射する「雷神波」、体全体を独楽のように回転させて突進する「風神旋風」などの技を使う。
スライム (SLIME、海外版はFUNGUS)
バミューダステージに登場。
スライム状の怪人。腕を伸ばしたり、体そのものを変形させたりして攻撃してくる。
ドラゴン
ノルウェーステージに登場。
首から上だけを出し、口からブレスを吐いて攻撃してくるドラゴン。3種類の形態を有する。
沙羅曼蛇』および一部の『グラディウスシリーズ』に登場する「イントルーダ」に似た外見をしている。
レッドドラゴン (RED DRAGON)
体色が赤くなっている状態。炎のブレスを吐く。
ホワイトドラゴン (WHITE DRAGON)
体色が白くなっている状態。氷のブレスを吐く。
ブルードラゴン (BLUE DRAGON)
体色が青くなっている状態。雷のブレスを吐く。
ブレインゴーレム (BRAIN GOLEM、海外版はBRAINY)
ケニヤステージに登場。
巨大な脳みそから触手が生えたモンスター。前部にアーマーを身に着けており、目からビームを出して攻撃してくる。
ステージのBGMは『沙羅曼蛇』のボスBGMのアレンジになっている。

ハッピードロッパーズ[編集]

各地の敵を全て倒すと、最終決戦としてハッピードロッパーズの飛行船に乗り込み、ザコロボットを倒しつつ、3体のボスと順に戦う。

ダッカー (DUCKER)
頭脳担当役のミスター・珍が搭乗する二足歩行鳥脚メカ。脚部による蹴り、前部に付いている銃口から発射するビーム弾、コックピットに隠している火炎放射銃などで攻撃してくる。
グラディウス』にザコとして登場するメカが元ネタ。
メカゴリラ (MECHA GORILLA、海外版はROBO-APE)
怪力担当役のガルガが搭乗するゴリラ型メカ。パンチやキック、体当たりなどの肉弾技の他、背中からミサイルを発射して攻撃してくる。
ハッピーバスターエース (HAPPY BUSTER ACE、海外版はCOSMIC TANK)
悪の女リーダー、ハッピーが搭乗する小型飛行メカ。当初はメカに付いたドリルとアームで攻撃してくるが、ある程度ダメージを与えるとコックピット部分だけになり、ハッピー自身の鞭攻撃とメカ後部から多数生み出される爆弾ゾロメカによる攻撃に変わる。

注意点[編集]

このゲームはノーコンティニュークリア時のエンディングがバッドエンドとなっており、グッドエンディングを見る場合は1回コンティニューする必要がある。 (厳密にはバッドエンドと言うより、タイムボカンシリーズのオマージュである"懲りない三悪"と言う意味合いで続編を予感させる終わり方である、が結局続編は出なかった。)

漫画版[編集]

新声社刊『コミックゲーメスト』1994年5月号から1995年4月号まで連載。作者は伊藤霊一。掲載時にアンのポロリがあったが、コミック版では修正が入っている。また、ゲーム本編では語られていないハッピードロッパーズ誕生の経緯(特にハッピーの境遇)が描かれている。

脚注[編集]

  1. ^ 一部のボスキャラクターは同社の『グラディウスシリーズ』から引用されている。
  2. ^ 格闘アクションゲームとしては業界初。
  3. ^ 特に『ヤッターマン』。

外部リンク[編集]