穢多寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

穢多寺(えたじ・えたでら)は、江戸時代被差別部落の住民が檀家としていた寺院の呼称である。穢寺(えじ)ともいう。中世賎民制度[疑問点 ]には存在しない。

江戸時代、穢多非人には仏教信仰の自由が認められておらず[疑問点 ]宗派はほぼ浄土真宗に限定されていた。そのため、穢多寺のほとんどは浄土真宗に属していたが、近畿では浄土宗、東海では日蓮宗、関東以東では時宗浄土宗曹洞宗に属する場合もあった。対して、神道信仰は比較的自由で[疑問点 ]弾左衛門が支配する関東とその周辺では、白山権現の祠を被差別部落の住民自らが建立して祀った例も見られた。

浄土真宗本願寺派教団は幕藩体制の身分制度に準じて、部落の寺院・僧侶を「穢寺」・「穢僧」と呼んで差別し、本山への上納金を宗派内の他の寺院と比べ5割増の負担を強いた。

また、壬申戸籍では、族称欄の記載が「平民」であっても、寺社名欄の記載が朱筆された「穢寺」であるかないかによって、「旧穢多」身分であることが分かってしまった。

関連項目[編集]