石橋穂乃香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
穂のかから転送)
移動: 案内検索
いしばし ほのか
石橋 穂乃香
本名 同じ
別名義 石橋 穂のか
穂のか
生年月日 1989年7月31日(25歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 162 cm[1]
血液型 AB型[1]
職業 女優
ジャンル 映画舞台テレビ番組
活動期間 2007年 -
著名な家族 石橋貴明(父)

石橋 穂乃香(いしばし ほのか、1989年7月31日 - )[2]は、日本女優東京都出身[1]。旧芸名は穂のか(ほのか)。石橋 穂のかとされる事もある。身長162cm。

お笑いタレントとんねるず石橋貴明と、元モデルである石橋の元妻との間の長女である[2]

略歴[編集]

両親は1998年に離婚、母親と生活するようになる[3]。その後石橋と鈴木保奈美の再婚が報じられ、マスコミを避けるために母子で海外に移住[4]。小学校4年生から約2年半、アメリカハワイで生活していた[5]

子供の頃から漠然と「自分は芸能界に入る」と思っており[6]、かつては歌手を目指しレッスンを受けていた[3]。大好きだった漫画『ハチミツとクローバー』の実写映画を観に行き、なかでも特に蒼井優に影響を受けて、女優を志すようになった[6]

2007年から雑誌・CM出演などの芸能活動をはじめる[6]。石橋貴明の娘であることを伏せてオーディションを受け[5]、日米韓合作映画『The Harimaya Bridge はりまや橋』で女優デビューとなる。2009年に同作と主演映画『アンを探して』が続けて公開された。

2009年4月からキャストコーポレーションに所属[2]。女優として活動するほか「二世タレント」としてバラエティ番組にゲスト出演し、父親について語ることもある[4][7]

2013年8月、ヒロインとして出演予定であった舞台『タクシードリーマーズ〜あったかハートに夢のせて〜』を降板[8]、後に作品の上演自体が中止となった[9]。穂のかは自身のブログにてこの件を謝罪し、降板の理由を「重度のストレスが原因であった」と明かした[10][11]

2014年、キャストコーポレーションのプロフィールおよびオフィシャルブログが閉鎖されたが、2月に自身のTwitterを更新し、本名の石橋穂乃香に芸名を改めて仕事を再開することを表明した[12]東京芸術劇場での朗読劇『朗読 東京』で、2月8日の回に『微熱少年』(松本隆・作)を加治将樹とのコンビで出演するのが再開初仕事となる[13][14]

人物[編集]

両親の離婚後も父親とは「普通に交流があった」と明かしている[3]。芸能界での仕事に関してはすべて事後報告であり[15]、父親に報告した際には「協力はしないけど、応援はする」と言われた[16]

とんねるずの7thアルバム『ほのちゃんにはがはえた。』(1990年発売)の『ほのちゃん』は、穂のかのことである。ジャケット写真には実際に歯が生えた当時の自身の口元が使われている。

うたばん』の番組タイトルテロップは、小学生時代に穂のかが書いたものである。これに対する番組側の謝礼として、ハワイ旅行をプレゼントされた。

HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』に出演した際に[17]、「ダウンタウンは父親の商売敵だと感じていたため、番組を観ていなかった。かといって父親の番組を観ることもなく、ウッチャンナンチャンの番組を好んで観ていた。」と明かした。「内村光良が初恋だった」とも語っている[18]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 変身(2010年)グレタ 役
  • ミュージカル 似非紳士(2011年)奈美 役
  • 往転(2011年)
  • 真田十勇士 〜カッコ良くなきゃ死ぬだけさ〜(2012年9月 - 10月)雪乃 役
  • 朗読 東京『微熱少年』(2014年2月)

その他のテレビ番組[編集]

  • かみばな 〜日本には八百万の神様がいるかもしれない〜(2013年4月、BS11クシナダヒメ

インターネット[編集]

CM[編集]

ミュージックビデオ[編集]

  • CHIHIRO「Last Kiss」(2009年2月)

その他[編集]

  • 女優:穂のか(2009年12月 - 2010年12月)「ハリウッドチャンネル」内連載コラム

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “キャストコーポレーションによるプロフィール”. オリジナル2013年11月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131111121917/http://www.cast-may.com/contents/cast_4.html 2014年1月25日閲覧。 
  2. ^ a b c “石橋貴明の娘・穂のか 次回作はヒロイン!”. Sponichi Annex. (2009年4月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2008wadai/KFullNormal20090414024.html 
  3. ^ a b c “とんねるず石橋長女・穂のか、初主演映画を語る「父に芸能界入りを大反対された」”. シネマトゥデイ. (2009年5月25日). http://www.cinematoday.jp/page/N0018185 
  4. ^ a b “穂のか、父・石橋貴明の再婚が原因でハワイへ“高飛び””. oricon carrer. (2009年11月14日). http://career.oricon.co.jp/news/70632/full/ 
  5. ^ a b “【穂のか】彼は父…会えば妙に緊張するし、ときめきも感じる”. ZAKZAK. (2009年10月5日). http://www.zakzak.co.jp/people/news/20091005/peo0910051322000-n1.htm 
  6. ^ a b c “とんねるず・石橋貴明の娘、穂のか 映画『はりやま橋』で女優デビュー(インタビュー)”. ORICON STYLE. (2009年4月14日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/65065/ 
  7. ^ “石橋貴明の娘・穂のか、テレビ生番組初出演”. ORICON STYLE. (2009年6月7日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/66734/full/ 
  8. ^ “穂のか、体調不良で舞台降板…自宅療養中”. ZAKZAK. (2012年8月6日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130806/enn1308061131002-n1.htm 
  9. ^ “穂のか降板舞台が中止、“共演”美勇士は苦言”. MSN産経ニュース. (2013年8月14日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130814/ent13081406340000-n1.htm 2014年1月25日閲覧。 
  10. ^ “穂のか、舞台降板を謝罪「何を言っても許されないことだと」”. ORICON STYLE. (2013年8月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2027712/full/ 2014年1月25日閲覧。 
  11. ^ “穂のか、舞台降板の理由は「重度のストレス」”. SANSPO.COM. (2013年8月18日). http://www.sanspo.com/geino/news/20130818/oth13081818060010-n1.html 2014年1月25日閲覧。 
  12. ^ 皆様に遅ればせながら仕事始めだったのですが 石橋穂乃香Twitter 2014年2月2日付
  13. ^ 朗読「東京」(第二回) 東京芸術劇場公演情報
  14. ^ 石橋穂乃香 朗読劇で仕事復帰! 2.8 「東京」を読み、語る スポーツニッポン 2014年2月2日閲覧
  15. ^ “ミュージカル初挑戦の穂のか直撃「彼氏できたことない」”. ZAKZAK. (2011年6月29日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20110629/enn1106291132002-n1.htm 
  16. ^ 2009年6月11日発行『日刊ゲンダイ』インタビュー
  17. ^ フジテレビ『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』2010年1月31日オンエア分より。
  18. ^ “穂のか、初恋の人は内村光良! 父・石橋貴明には映画のことは話さずに撮った・・・”. シネマトゥデイ. (2009年10月30日). http://www.cinematoday.jp/page/N0020456 

外部リンク[編集]