稲葉正明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
稲葉 正明
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 享保8年(1723年
死没 寛政5年8月5日1793年9月9日
改名 留之助(幼名)→正明
戒名 証行院殿良仙衍寿大居士
墓所 東京都墨田区向島弘福寺
官位 従五位下、越中守、越前
幕府 江戸幕府
安房館山藩
氏族 稲葉氏
父母 父:稲葉正親、養父:稲葉正福
兄弟 正益正福正明正名正春
正室:戸田氏房の養女(戸田定浩の娘)
正令堀正賞正武、ほか

稲葉 正明(いなば まさあき/まさあきら)は、江戸時代中期から後期の旗本。のちに安房館山藩の初代藩主。

生涯[編集]

享保8年(1723年)、山城淀藩稲葉正親の三男として生まれる。享保20年(1735年)5月、分家を継いでいた次兄正福の養子となり、8月5日にその家督を継いで3000石の旗本となった。元文2年(1737年)8月には徳川家治小姓となり、従五位下、越中守に叙任する。宝暦5年(1755年)9月、小姓組番頭格(御側御用取次見習)、12月には御側御用取次など、要職を歴任した。

やがて田沼時代に入ると、田沼意次に同調したため、明和6年(1769年)10月17日に上総常陸国内で2000石を加増された。安永6年(1777年)4月には安房国内で2000石を加増され、天明元年(1781年)9月18日には安房・上総国内で3000石を加増されて合計1万石の大名、安房館山藩主となった。天明4年(1784年)5月12日には越前守に叙任され、天明5年(1785年)1月には安房・上総国内で3000石を加増され、1万3000石の大名となった。

しかし天明6年(1786年)に家治が死去し、意次が失脚すると、田沼派の排除を図る松平定信によって3000石を減知されて屋敷を召し上げられ、さらに御側御用取次も罷免されて幕府中枢から排除された。しかし安房館山藩稲葉家の存続は許され、寛政元年(1789年)7月8日、家督を四男の正武に譲って隠居した。

寛政5年(1793年)8月5日に死去した。享年71。