稲葉正のぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「稲葉正諶」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

稲葉 正諶(いなば まさのぶ、寛延2年9月29日1749年11月8日) - 文化3年8月24日1806年10月5日))は、山城淀藩の第7代藩主。正成系稲葉家宗家11代。

生涯[編集]

第5代藩主・稲葉正益の次男。正室は松平宗衍の娘。側室が多数いる。子に稲葉正備(次男)、稲葉正選(三男)、稲葉正守(七男)、娘(広幡前秀室)、娘(内藤頼以正室のち稲葉正芳正室)、娘(大岡忠固正室)。官位は従五位下、後に従四位下、丹後守。

安永2年(1773年)、先代藩主で兄だった正弘が嗣子無くして早世したため、その養嗣子となって跡を継いだ。奏者番寺社奉行を兼任し、大坂城代京都所司代なども務めた。寛政の改革にも参与している。

文化3年(1806年)8月24日、58歳で死去し、跡を次男の正備が継いだ。