程イク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「程昱」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
程昱
後漢
安郷侯 衛尉
出生 141年永和6年)
東郡東阿県
死去 220年黄初元年)
ピン音 Cheng Yu
仲徳(ちゅうとく)
諡号 粛侯
別名 旧名:程立(てい りつ)
主君 曹操曹丕

程 昱(てい いく、永和6年(141年) - 黄初元年(220年))は、中国後漢末期から三国時代の武将、政治家。の創業時代に活躍した。東郡東阿県 (山東省聊城市東阿県)の人。仲徳。子は程武程延・他1名。孫は程克程暁。曾孫は程良。

生涯[編集]

若き日[編集]

身長は八尺三寸(約191cm)、見事な髭を蓄えていた。初めは程立という名前であった。若い頃、泰山に登り両手で太陽を掲げる夢をよく見たという(『魏書』)。

黄巾の乱が勃発すると、県丞の王度が賊に同調し、放火や略奪を働き、県令は城壁を越えて逃走し行方知れずとなり、官吏は県民を連れて東の山に避難していた。程立は王度の様子を偵察したところ、王度が城を保つことができず、外に駐屯していることが分かった。そこで程立は豪族の薛房らに対し、逃亡した県令や官吏達を呼び寄せて協力して王度に当たり、城を堅守すべきだと勧めた。薛房らの同意はとりつけたが、東の山に避難した官吏らは協力をしぶったため、薛房らと計画し、官吏らを計略にかけ、城に呼び戻した。程立は逃亡した県令の所在も探し当て、ともに城を守り、王度の攻撃を退けることに成功した。

初平年間に、州刺史である劉岱の招きを受けたが応じなかった。袁紹公孫瓚が対立すると、劉岱はその帰趨に迷い、程立を呼び寄せて対応を相談した。程立は袁紹に味方するよう勧めた。果たして公孫瓚が袁紹に打ち破られると、劉岱は改めて程立を招き、騎都尉に任命しようとした。程立は病気を理由にこれを拒絶した。

まもなく劉岱が青州黄巾賊の戦いで戦死すると、代わって曹操州を支配することになった。曹操は程立を招き、程立はこれに応じた。郷里の人には行動が矛盾するといぶかしがられたが、程立は笑ってとりあわなかったという。曹操は程立と語らって気に入り、寿張の令の代行を任せた。

曹操の腹心へ[編集]

曹操が徐州に遠征するとき、荀彧、程立、夏侯惇城を任せ、陳宮とともに留守を任せた。張と陳宮が呂布を引き込んで反乱を起こすと、州のほとんどが呂布に呼応したが、城、東阿、笵の三城だけは動揺しなかった。陳宮が東阿、汎嶷が笵を攻撃する動きを見せていたため、荀彧は程立に東阿と笵の安定を任せた。笵の令である靳允は呂布に妻子一族を人質にとられていたが、程立は靳允を説得し味方に引き留め、靳允の手で汎嶷を殺害させることに成功し、東阿の防衛にも別働隊を派遣し倉亭津において陳宮の侵攻を阻止した。東阿の令棗祗は元々曹操に味方する意向だったため、程立は任務を果たすことができた。

州従事の薛悌の協力も得て、程立達は曹操の帰還まで三城を堅守した。これ以前、程立は荀彧に、若い頃に見た夢について相談していたが、荀彧が帰還した曹操にこの夢の話をしたところ、曹操は程立が自身の腹心となる人物であると確信し、名を昱と改めるよう命令したという(『魏書』)。

その後、呂布に連敗した曹操が弱気になり、袁紹の言われるままに家族を人質に差し出そうとした時は、それを押し留めた。

曹操の参謀として[編集]

献帝長安から洛陽に逃亡して来ると、程昱は荀彧と共に曹操に献帝を迎え入れるよう進言した。献帝が許昌に都を定めると、程昱は尚書に任命された。州の安定のため、東中郎将、済陰太守、都督州事にも任命された。

劉備が曹操の下に身を寄せていた時は、郭嘉と共に劉備を殺すように進言したが[1]、曹操は聞き入れなかった。その後、袁術を防ぐため曹操が劉備を徐州に赴かせたことを聞き、程昱は再び曹操に諫言した。曹操は後悔したが間に合わず、はたして程昱が予期したとおり劉備は車胄を殺害し、曹操に反旗を翻した。

程昱は振威将軍に昇進した。袁紹はかねてより、黎陽より南下の機会を伺っていたが、あるとき程昱が兵700で城(けんじょう)を守っていたところに、袁紹の大軍が近づいてきたという知らせが入った。これを知った曹操が兵2000を増援しようとしたが、程昱はこれを断った。兵が少なければ、相手は見くびって(或いは美意識に従って、また悪い言い方をすれば格好をつけて)見逃すであろうが、増援されれば黙って通過しないだろうというのがその理由だった。果たして程昱の読みどおり、袁紹は攻撃してこなかった。曹操は感嘆して「程昱の度胸は、孟賁・夏育(戦国時代、武王に仕えた勇士)を凌ぐものがある」と言った。

その後程昱は、山や沼沢に隠れていた人々を掻き集めて、精兵数千人に編成し曹操と黎陽で合流し、袁譚袁尚を打ち破った。奮武将軍に昇進し、安国亭侯となった。

中原制覇に尽力[編集]

曹操が荊州を支配し、劉備が孫権の下に向かった時、孫権が劉備を殺すという意見があったが、程昱は孫権が劉備を引き入れて対抗する事を予測し「もう劉備を殺すことは不可能だろう」と言った。果たして孫権は劉備に兵士を与え、曹操に抵抗し、赤壁の戦いで曹操は敗北した。

曹操が馬超討伐に向かった時、程昱は留守をあずかる曹丕に軍事参与を命じられた。この時、田銀・蘇伯らが河間で反乱を起こし、将軍の賈信を派遣して彼らを討伐した。このとき賊のうち千余人が降伏を願い出たが、旧法の通り処置する(処刑する)という意見が圧倒的だった。しかし程昱は次のように反対した。

「投降者を処刑したのは、天下に雲の如く英雄が湧き起こった騒乱時代の事。包囲後に投降した者を許さぬ事によって、天下に威光を示し、賊にとるべき道を悟らせ、包囲するまでもなく降服させるためでした。今天下はほぼ平定され、しかも今回は領内のことです。降伏する以外ない賊を殺しても、震え上がる者もおりません。わたくしは処刑すべきでないと考えます。たとえ処刑するにしても、その前に殿の承認を受けるべきでしょう」

強硬派は猶も「軍事では専断が許される。判断を仰がなくてもよい」と言ったため、これに対して程昱は返答しなかった。そこで曹丕は奥に入り、程昱を引見して「まだ言い足りない事があるようだが」と尋ねた。程昱は「そもそも専断というのは、事が緊急で、息をつく間もない場合にのみ許されます。今この賊らは完全に賈信の手中にあり、事態が急変する恐れもありません。だから老臣は将軍が強行することを望まないのです」と答えた。

曹丕は程昱の意見をもっともであるとして、曹操に判断を仰ぐとやはり処刑を許さなかった。曹操は帰還後、事の次第を聞いて喜び「そなたは軍略に明るいだけではないな。わが家の父と子の間もうまく捌いてくれた」と言った(以上、『魏書』による)。

晩年[編集]

その後、曹操は程昱に対し、「州での敗北の折り、おぬしの諫言を無視しておったら、今日のわしはなかったであろう」という賞讃の言葉を送った。一門の者は大宴会を開き祝福したが、程昱は「満足することを弁えておれば、恥辱を受けない(「老子」の言葉)。退く潮時だ」と言い、兵権を返上し門を閉ざし引退を申し出た。

元々性格が強情で他人と衝突することが多く、程昱が謀反をたくらんでいると讒言されることも多かったが、曹操の程昱に対する厚遇は変わらなかった。魏国が建国されると、程昱は衛尉(皇宮警察長官)となったが、中尉(憲兵隊指令)の刑貞と儀礼をめぐって争い、免職となった。

曹丕(文帝)が即位すると衛尉に復職し、安郷侯に昇進し300戸の加増を受け、領邑は800戸となった。そして三公に抜擢されようとする矢先、80歳で死去した。曹丕は涙を流し車騎将軍を追贈した。粛侯と諡された。

かつて曹操の軍勢が食糧難に陥った際に、程昱は略奪を行い食料を確保したが、その干し肉の中には人肉も混じっていたのだという。程昱はそれによって声望を失い、ついに公の位まで昇らなかったのだという逸話がある(『世語』)。

創作・伝承[編集]

小説『三国志演義』では、袁紹との戦いで十面埋伏の計略を用いるなど、曹操軍団の参謀として活躍する。また、後には劉備配下であった徐庶の引き抜きを進言。徐庶の母親を人質とし、彼女の筆跡を真似た偽手紙を書いて、徐庶を無理やり招き寄せる事に成功したり、赤壁の戦い敗走時に義に厚い関羽が曹操を斬れないことを知り、命乞いを提案している。これらから、正史でのような気骨のある策士というよりは、他人の仁義を悪用する陰謀に長けた老獪な人物として描かれる事が多く、曹操軍の悪役イメージを強めるのに一役買っている。

子孫[編集]

[編集]

  • 程武 - 程昱の子。その後を継いだ。
  • 程延 - 程昱の末子。甥(または子)の程暁と共に父の遺領を分け与えられ、諸侯にとりたてられた。

[編集]

  • 程克 - 程武の子。
  • 程暁 - 程武の甥。字は季明(『世語』)。見識を持った人物であったという(『世語』)。文帝のとき、祖父の功績によって列侯に封ぜられた。嘉平年間に黄門侍郎となり、上書して勝手な振る舞いの多かった校事の官を廃止させた事蹟が残り、そのときの上奏文が記録されている。汝南太守にまで昇るものの、40余歳で死去した。文章を多く書いたが、ほとんどが散逸してしまったという(『程暁別伝』)。

曾孫[編集]

  • 程良 - 程克の子。

脚注[編集]

  1. ^ 郭嘉は『魏書』では逆に劉備を殺さないように進言している。『傅子』では殺すよう進言している。どちらが正しいかは不明。