秩父鉄道500系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
秩父鉄道500系電車
Chichibu-500.jpg
編成定員 310(座席128)
車両定員 ・デハ500 - 160(座席66)
・クハ600 - 150(座席62)
全長 20,000 mm
全幅 2,800 mm
全高 ・デハ501~7 - 4,160mm
・デハ508・9 - 4,150 mm
編成質量 66.5t
車両質量 ・デハ500 - 36.5t
・クハ600 - 30.0t
軌間 1,067(狭軌) mm
電気方式 架空電車線方式直流1,500V
編成出力 440kw
主電動機 110kW×4基
駆動装置 WN平行カルダン駆動方式
制御装置 抵抗制御
制動方式 自動空気ブレーキ
保安装置 未取り付け

秩父鉄道500系電車(ちちぶてつどう500けいでんしゃ)は秩父鉄道に在籍していた通勤形電車である。

概要[編集]

1962年 - 1967年日本車輌で、デハ500形とクハ600形による2両編成9本、合計18両が製造された。車体形状等は300系に準じているが、車内はロングシートである。このため側面の客用窓は小さくなり、窓割りが大きく異なっている。 前面は正面二枚窓のいわゆる湘南形であったが、前照灯が二灯化されたため、300系との識別は容易であった。

なお、300系第2編成では空気バネ台車(NA301)に変更されたが、当形式では再びコイルバネ式台車のNA12が採用された。 また、電動車と制御車の2両編成になったことから主電動機の出力が300系に比べ増強された。 連結面側には便所・洗面所が設置されていたが、垂れ流し式であったために、昭和50年代には閉鎖されていた。

その後の変化[編集]

登場以来変化のなかった500系であったが、1985年頃には前面のサボを廃し助士席側に100形と同タイプの方向幕が取り付けられた(前面サボ受けには「秩父鉄道」のサボを表示)。1986年には黄色に茶帯のカラーになった。この際「秩父鉄道」のサボとサボ受けは撤去され、同位置に「秩父鉄道」のロゴが取り付けられた。白熱灯であった前照灯も、1980年代後半にシールドビーム化されている。

置き換えと現在[編集]

1991年11月、本形式の置き換え用として2000系が投入された。本来ならば1991年末までに全車廃車される予定だったが、同年12月3日に2000系第2編成が寄居駅 - 波久礼駅間で自動車との衝突事故を起こした。ステンレス車両であったことや台車の複雑さが修理を手間取らせ、急遽本形式の廃車が延期された。

最終的には1992年3月31日付けで全車廃車となった。さよなら運転などは行われなかった。本系列の車齢の若い車両は2014年まで使用された1000系の一部車両よりも新しいものだったが、両開き4扉の1000系に比べて乗降に手間取る片開き2扉車であったことなどが廃車を早くした原因だったとされる。

廃車後は石原駅構内などに留置されたのち、広瀬川原駅(熊谷工場)で順次解体された。クハ602のみ長らく留置されていたが、こちらも現在は廃棄されており現存しない。

その他[編集]

1978年には、デキ6・7号電気機関車のさよなら運転の客車として利用され、6両もの編成を組んだ(当初は4両の予定であった)。