秩父宮記念公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
秩父宮雍仁親王像(朝倉文夫作)
別邸母屋

秩父宮記念公園(ちちぶのみや きねんこうえん)は、秩父宮雍仁親王勢津子妃が過ごした元別邸を整備、公開した公園。静岡県御殿場市箱根外輪山の麓にあり、勢津子の遺言により御殿場市に寄贈されたのち公園となった。

名前から誤解されがちだが、埼玉県秩父市所在ではない。

沿革[編集]

元々は、血盟団事件で暗殺された井上準之助蔵相の元別荘であった。1941年(昭和16年)に宮家が購入して秩父宮御殿場御別邸とされ、戦中戦後の時期をここで過ごした。

1995年(平成7年)に遺贈され、2003年(平成15年)春にオープンした。敷地面積1万8千坪、標高500mの場所は夏も涼しくこの公園の周囲を1000本の檜林が囲っている。 園内には市内の農家から移築された1723年築の茅葺屋根の家があり母屋になっている。窓からは富士山を眺めることができる。敷地の中は高山植物などが育成され、また秩父宮が焼き物を作った窯「三峰窯」(みつみねがま、富士山・箱根山・愛鷹山にちなむ)が残されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度17分19.4秒 東経138度57分7.3秒