科学救助隊テクノボイジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

科学救助隊テクノボイジャー』(かがくきゅうじょたいテクノボイジャー、TechnoBoyger)は、1982年4月17日から同年9月11日まで、フジテレビ系で放送されたテレビアニメ。全18話で、日本未放送回が6話ある。キー局での放送枠は、毎週土曜日19:30-20:00。

なお、系列局の一部では遅れネットにて放送されていた。その内、福島テレビと鹿児島テレビ放送では、平日の夕方に放送されていた。

概要[編集]

日本国外版のタイトルは『Thunderbirds 2086』。そのタイトルの示す通り、『サンダーバード』のアニメ版として企画された。しかし、直前のサンダーバード再放送の視聴率が悪く、この時ポピーから発売された玩具(ポピニカ)があまり売れなかったために、問屋、小売がサンダーバード商品を嫌がった。そのため、スポンサーがポピーになった際、サンダーバードの名前を国内で使用することに難色を示しタイトルが変更された。国外放送版との兼ね合いもあってか「TB」という短縮名称に合う形の名称を考案した結果、Techno+Boy+Voyagerの造語で「TechnoBoyger」となっている。他のタイトル案として「テキサスボンバー (TexasBomber)」も挙がっていたという。また、本家「サンダーバード」とは異なり主人公チームは家族ではなく組織の仲間として描かれている。後に日本国内でも『Thunderbirds 2086』のタイトルで国外版がビデオ化された。なお、日本で放送されたものとは内容がかなり改変されている。

パイロット版では金田伊功がレイアウトを担当し、当時スタジオ・ライブに所属していたわたなべひろし西島克彦が原画を担当した。わたなべと西島はこの事を紹介した『アニメージュ』の記事中で「大ファンだった金田さんのレイアウトで原画を担当できたのは嬉しかった」とコメントしていた。

第10話『恐怖のSOS細胞』は、本作の監修を務めていた石黒昇率いるアートランドが制作を担当しており、ゲストキャラデザインと作画監督は当時まだ無名だった美樹本晴彦が手がけた。この回のゲストキャラである女性科学者・花岡咲子の髪型は、後の『超時空要塞マクロス』のヒロイン・早瀬未沙の特徴だった通称“デンデン虫ヘア”に先駆けており、この事は『マクロス』の放送開始後にアニメ雑誌で話題とされた。

本作は、2クールに達しないところで打ち切られた。そのため日本未放送6話が存在する。

ストーリー[編集]

西暦2066年、科学文明が高度に発展した地球圏では、その弊害として大事故・凶悪犯罪・自然破壊などが増加していた。世界連邦はこれらに対処すべく科学救助隊テクノボイジャーを設立。世界中から選び抜かれたエキスパート5人が17機のマシンを操り、人類の危機を救うため出動する。

登場人物[編集]

火鷹 雷児
- 武岡淳一
TB-1のパイロット。18歳。危険を顧みず行動する勇敢な青年。
キャサリン・ヘイワード
声 - 伊藤真奈美
TB-4のパイロット。18歳。ブロンド美人だが、男勝りの優秀な隊員。スレンダーなナイスバディが魅了で、第2話と第8話ではビキニの水着姿を披露した。
エリック・ジョーンズ
声 - 富山敬
TB-2の航法士。20歳。ケンブリッジ大学首席卒業のハンサムな英国紳士。
サミー・エドキンス・ジュニア
声 - 中尾隆聖
TB-2のパイロット。20歳。陽気な黒人で、元NFLのスター選手。
グラン・ハンセン
声 - 青野武
TB-3のパイロット。28歳。巨漢だが冷静沈着。チーフとして隊員の信頼を集めている。
ジェラード・シンプソン
声 - 小林清志
科学救助隊の総司令官。優秀な科学者・軍人。
ポール
声 - 丸山裕子
マスコットボーイ的な少年。6歳。腕白でメカに詳しく、隊員に可愛がられている。

登場メカ[編集]

TB-1~6がメインメカで、7~17はそれらに搭載される支援メカ。TB-1・2・3は合体して長距離宇宙船となり、火星軌道までの往復が可能となる。

TB-1
初期救助用の高速艇。大気圏内外を自由に飛行する。サンダーバード1号に相当。
TB-2
大型コンテナを持つ輸送機。ブースター付きで衛星軌道まで上昇可能。サンダーバード2号に相当。
サンダーバードとは逆に、TB-1が水平発進、TB-2が垂直発進する。
TB-3
大型輸送車兼救助作業車。戦車並みの装甲を持ち、短時間ならば飛行も可能。
TB-4
多機能潜水艦。救助作業艦(Aパーツ)と巡航戦闘艦(Bパーツ)が合体する。サンダーバード4号に相当。
TB-5
特殊救助作業車。頑丈な車体に障害物粉砕用のドリルを備える。ジェットモグラに相当。
TB-6
全長3.4kmの宇宙ステーション。テクノボイジャーの中継基地で、地球全域を監視する。サンダーバード5号に相当。
TB-7
一人乗りの小型ジェット機。
TB-8
悪路走破用のエアカー。ドーザーショベルと後部に荷台を備える。
TB-9
一人乗りの小型作業用ロボット。宇宙空間での船体修復などに使用される。
TB-10
TB-2に搭載される高速宇宙連絡艇。高速時にはブースター4基を展開する。
TB-11
TB-3に搭載される哨戒用高速車。悪路でも時速300km以上で疾走する。
TB-12
TB-3に搭載される万能作業車。キャタピラーと大型リフト、ドーザーブレードを備える。高速エレベーターカーとジェットブルドーザーに相当。
TB-13
TB-4に搭載される一人乗りの小型潜水艇。水中速度100ノット以上。
TB-14
TB-4に搭載される深海特殊作業艇。深度20,000mまで潜行可能。
TB-15
TB-5に搭載される偵察用情報収集車。上部が分離して無人偵察機となる。
TB-16
TB-5に搭載される無人探索機。前部のドリルで地中進行も可能。
TB-17
外宇宙進出用の高速宇宙艇。高速プラズマエンジンで亜光速航行できる。

スタッフ[編集]

  • 企画:池田公雄(じんプロダクション)
  • プロデューサー:土屋登喜蔵(フジテレビ)、池田公雄
  • チーフディレクター:長谷川康雄
  • 監修:石黒昇
  • 文芸担当:園田英樹
  • SF考証:鹿野司
  • キャラクターデザイン:早田光茂、宇田川一彦
  • メカニックデザイン:青井邦夫、石津泰志
  • 作画監督:小泉謙三
  • 美術監督:天水勝
  • タイトルデザイン:木村芳光、中村哲也
  • 音楽ディレクター:鈴木清司
  • 音楽:羽田健太郎
  • 録音:東北新社
  • 音響ディレクター:山田悦司
  • 効果:宮田音響
  • 現像:東映化学(現:東映ラボ・テック)
  • 製作担当:田中信吾、関孝治
  • 製作進行:小園裕行、皆川卓哉
  • 製作協力:グリーン・ボックスAIC
  • 製作プロデューサー:野村和史、佐藤光雄
  • 製作:フジテレビ、じんプロダクション

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 『テクノボイジャー』
作詞 - 伊達歩 / 作曲・編曲 - 馬飼野康二 / 歌 - ハーリー木村
エンディングテーマ - 『宇宙はひとつ』
作詞 - 伊達歩 / 作曲・編曲 - 馬飼野康二 / 歌 - ハーリー木村

各話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出
1 1982年
4月17日
TB発進・地球を救え!! 加瀬高之 長谷川康雄
2 4月24日 アルル島に急行せよ! 秋山勝仁
3 5月1日 スペースコロニーの友情 吉岡一夫 又野弘道
4 5月8日 超重力!! 宇宙ステーション 石森史朗 笠原達也
5 5月15日 マグマの海からの脱出 中原朗 長谷川康雄
6 5月29日 大森林に燃える命を救え! 秋山勝仁
7 6月5日 TB1号.死と対決! 吉岡一夫 小沢範久
8 月12日 粉砕! 地球乗っとり計画 加瀬高之 山寺昭夫
9 6月19日 消えた月面都市 中原朗 笠原達也
10 7月3日 恐怖のSOS細胞 吉岡一夫 石黒昇
11 7月10日 宇宙ホスピタルの謎 久保田圭司 秋山勝仁
12 7月17日 アルプスの大惨事!! 吉岡一夫 又野弘道
13 7月24日 悪魔の難破船 中原朗 笠原達也
14 7月31日 天駆けるエアポート 石黒昇、石森史朗
又野弘道
15 8月14日 還ってきたスペースシップ 中原朗 笠原達也
16 8月28日 脱獄のスペースチェイス! 山寺昭夫
17 9月4日 危うし! 惑星探査船 吉岡一夫 長谷川康雄
18 9月11日 激流・ナイアガラの死闘! 久保田圭司 腰繁男
19 日本未放送 海の生命よ永遠に
20 ドロイド無人都市
21 脱出! 危機のクリュセイス
22 還れないU.F.O.
23 眠りから覚めた奴ら
24 海王星の試練

※エンディング映像には、アイデア : 首藤剛志 の表記あり。

本放送当時のネット局[編集]

無印…同時ネット、※…時差ネット

パイロット版スタッフ[編集]

  • 総指揮:植村伴次郎
  • 企画:東北新社、じんプロダクション
  • プロデューサー:池田公雄
  • 脚本:松崎健一
  • 美術監督:河野次郎
  • レイアウト:金田伊功、宇田川一彦
  • メカニックデザイン:宮武一貴、青井邦光
  • キャラクターデザイン:早田光茂
  • 作画監督:岡迫亘弘
  • メカニック作画監督:渡辺浩
  • 絵コンテ、演出:原田益次
  • 製作協力:土田プロダクション

CS局での放送[編集]

2005年にはAT-Xで、全18話が放送された。ホームドラマチャンネルでは、2008年に、日本での未放送6話分を含む全24話が放送されている。

フジテレビ 土曜日19:30 - 20:00
前番組 番組名 次番組
映像クイズ・ア!知ッテレビジョン
(1981.10/10 - 1982. 3/27)
→ 土曜日19:00枠へ移動
科学救助隊テクノボイジャー
(1982. 4/17 - 9/11)
ぼくパタリロ!
(1982.10/ 9 - 1983. 3/26)
木曜日19:00枠から移動 →