秋山氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

秋山氏(あきやまし)は日本の氏族。

甲斐源氏武田氏の分流で西郡へ拠った加賀美遠光の嫡男光朝を祖とし、巨摩郡秋山(南アルプス市、旧中巨摩郡甲西町)を本貫として秋山氏を名乗った。

沿革[編集]

甲斐源氏平安時代後期に常陸国那珂郡武田郷(茨城県ひたちなか市武田)から甲斐へ入部し甲府盆地の各地へ土着して勢力を広げるが、秋山氏は甲斐源氏の惣領である武田氏の分流で、盆地西部の西郡へ拠った加賀美遠光の嫡男光朝を祖とし、巨摩郡秋山(南アルプス市、旧中巨摩郡甲西町)を領して秋山氏を名乗った。

平安後期の治承・寿永の乱において甲斐源氏の一族は惣領の武田信義に率いられ、伊豆源頼朝の挙兵に参加する。甲斐源氏の諸族のうち、秋山氏や小笠原氏武田有義らは平家方とも近く、秋山光朝は平氏嫡流である平重盛の娘を妻としていたため排斥され没落する。鎌倉時代には、承久3年(1221年)の承久の乱において武田信光に従い後鳥羽上皇方と戦った功によって、秋山氏は名誉を回復した。

光朝の次男光重下山氏を称し、4男光経と5男光俊は東郡の於曽郷(甲州市塩山)を領して於曽氏を称した。南アルプス市(旧甲西町)の秋山経塚からは光経が奉納した建久8年銘をもつ経筒が出土している(個人所蔵、複製が山梨県立博物館において展示)。

光朝の嫡男光季弘安年間に幕府の命により讃岐国に移住しており、これは甲斐から安芸国へ移住した安芸武田氏と同様に元寇に対する防衛であったと考えられている。讃岐へ移住した秋山氏については元徳3年(1331年)12月「秋山源誓置文」(矢野家文書)があり、秋山源誓から子泰忠に讃岐国高瀬郷(香川県三豊市)の地頭職が伝領されている。建武3年には領家職も獲得しており(「建武3年2月15日足利尊氏下知状写」、矢野家文書)、戦国期に至るまで高瀬郷の在地土豪として存在が見られる(秋山敬「他国に広がる甲斐源氏」『山梨県史』通史編2中世)。

戦国期には守護武田氏において内訌が発生し甲斐の国衆は双方に荷担して乱国状態となっていたが、武田宗家の武田信直(信虎)と信直の叔父にあたる油川信恵の対立において秋山信任は武田一族の岩手縄美、郡内領主小山田氏や国中の国衆栗原氏らと信恵方に荷担するが、永正2年(1505年)の合戦において信恵方が族滅規模の大敗をすると甲斐は信直により統一され、秋山氏も信直に従う。

武田晴信(信玄)期には信任の子である秋山虎繁(信友、伯耆守)が譜代家老衆におり、信濃侵攻において信濃国飯田城代となり、信玄後期の元亀3年(1572年)には対峙していた尾張国織田信長との最前線にあたる美濃国岩村城を任される。次代の武田勝頼期には天正3年(1575年)の長篠の戦いで織田・徳川連合軍に敗れた後、美濃における武田氏の影響力が弱まると岩村城は落城し、虎繁も処刑された。虎繁の養子である秋山親久は、1582年に武田勝頼が織田軍に追いつめられて自害した際に殉死している。

1582年(天正10年)、虎繁の弟秋山信藤と虎繁の次男長慶は、武田勝頼の遺児千徳丸武蔵国瓦曽根に匿ったが、千徳丸は間もなく病で早世し、それを哀れみ長慶は剃髪して照蓮院の住持となり菩提を弔った。信藤は、長男虎康の長男昌秀のもとに引き取られている。

近世期の秋山氏[編集]

近世期には武田遺臣としての秋山一族が存在し、昌秀は徳川家康に仕え、下総国小金領(千葉県松戸市)1,000石を賜る。昌秀の妹が、徳川家康の側室下山殿(おつまの方、妙真院)となり武田信吉を生んでいる。将軍徳川家光の時代に、昌秀の子の秋山正重大目付を務めている。

譜代大名水野氏に仕えた山形秋山家は秋山伯耆守(虎繁)の子孫という由緒を持ち、宝永6年(1704年)の先祖書に拠れば、伯耆守の子民部右衛門を祖とし(『甲斐国志』では式部右衛門としている)、民部右衛門の孫秋山平太夫が水野家に仕えたとしている。

この他、越後長岡藩の藩儒である秋山朋信(景山)も祖先は武田遺臣という。

「承久の乱」において武田信光に従い東山道軍に加わり参戦した秋山氏秋山光季の支族は、 三野郡高瀬郷に渡り後の讃岐秋山家となる。この一族は、元寇に備えて配置されたのだが後に秋山式部太夫宗信が、日蓮宗高永山本門寺を造営し以後は讃岐秋山家が寺を継いでいる。

 甲斐秋山家の最も混乱した時期は主家武田信玄亡き後である。後継者が武田勝頼に決まると、家中において離反する者が多くなり、特に長篠の戦いにおいては武田勝頼の叔父武田信廉や、信玄の甥の武田信豊そして穴山梅雪らと共に秋山家支族を含む多くの重臣がこれに従い、戦の最中に早々に退却してしまった。甲斐崩れ(1582年)において、穴山梅雪らは徳川家康に通じ、秋山家(秋山虎康の一族)も家康に従う事になった。その後の功績により家康の旗本となった一族秋山昌秀は秀忠の時に幕府の目付け、その子秋山正重が家光の時の大目付を務めた。 家康に下った秋山家の中で、家康の次男結城秀康に仕えた秋山家が存在する。羽柴秀吉が徳川家康と直接戦った小牧・長久手の戦いの結果において、家康は結城秀康を秀吉の養子として出したのであるが、その際に秀康に従って秀吉の元に同道したのが後の越前秋山家となるのだが、秀吉に嫡子豊臣秀頼が誕生すると秀康は結城家へまた出されてしまう事になり、ここで秋山家は親子で後の東西陣営に分裂する。 大阪にいた「秋山先佐衛門近富」は、柴田勝家亡き後に越前北の庄城主となった青木一矩(秀吉の従兄)一族の娘を若くして娶ることになったのだが、秀吉が亡くなり、やがて起きた関ヶ原の合戦(1600年)においては青木家が西軍として布陣した為、負けた西軍の将青木家は取り潰しとなったのである。それに対し幼い頃から青木家と深い関係にあった加賀藩前田利長が家康に許しを乞うが許されず青木家一族は加賀藩預かりとなった(後に武士の地位を捨てる)。青木家の娘を妻に持つ秋山家の幼い夫婦も加賀藩家老篠原出羽守方預かりとなった。一方父親の秋山先太佐衛門近は結城秀康亡き後も子の松平直政に続けて仕えてながら信州松本藩にて扶持を得ていたのである。その後この直政は出雲松江藩の城主となったが、そのまま秋山家が出雲松江松平家から続けて捨扶持を得ていたと言う記録がある。また、その頃江戸幕府において金銀の力で強大な力を得ていた元甲斐武田家家臣大久保長安が1613年に亡くなると、謀反の罪大久保長安事件で一族が斬首粛清された。 この粛清は本多親子の策略と言われるが、長安の不法金銀畜財は武田家復興による謀反の証として、何の罪も無い僧侶でありながら武田信玄の血を引く顕了と、その子である武田信昌(京了)までが、伊豆大島に流罪となったのである。 一方で出雲松江の地において越前秋山家は大久保長安とも甲斐武田家の元家臣縁者同士として深く接しておりながら、事件後も幕府から何の咎めを受けていない。 それどころか、越前福井藩初代藩主松平忠昌の長男松平昌勝の側室に、秋山家の次女「知久」が上がり六男松平昌邦を生んでいる。 知久が江戸藩邸に移る際に越前秋山家一族は娘の駕籠に付き添い江戸まで同道する事になった。 後に越前福井松平家では家督問題にて藩祖結城秀康に血筋が最も近いとされる秋山知久の子松平昌邦が(第八代越前福井藩藩主)として選ばれその座に付き、将軍綱吉から吉の字を賜り松平吉邦と名乗る事になる。 さらに藩主の親の実家と言う事もあり、越前秋山家は松平家から厚遇を受け四谷右京町に居を構える事になる。 また江戸においては同族の旗本秋山家と共に、越前秋山家も甲斐源氏秋山家末裔を誇りとして、相互に血族を絶やさないように養子を出しながら幕末まで続いていた。 またこの越前秋山家は、江戸に移った頃から幕末まで一定の主君を持たない浪人の身分でありながら、松平家等から多額の捨扶持を得て暮らしていた事も判明しており、直系子孫は現在千葉県市川市に在住しこれらの記録は「金沢市立玉川図書館近代史資料館」及び「ユタ州ソルトレイク市」に「甲斐源氏秋山家」由緒書きとして残されている。

秋山経塚[編集]

平安時代には経塚の造営が行われ、甲斐国でも柏尾山経塚篠井山経塚など在地豪族や平安貴族による経塚造営が行われている。甲斐源氏の甲斐土着後は甲斐源氏一族による寺社の建立や経塚造営が行われ、南アルプス市秋山の熊野神社境内には建久8年(1197年)には秋山光経が施主となり秋山光朝を供養した秋山経塚が存在している。

甲斐国志』に拠れば熊野神社境内は光朝館跡とされ江戸時代の慶安年間に銅製経筒や付属品が発見されたといわれ、嘉永3年(1850年)の黒川春村並山日記』においても記されている。発見された遺物は個人所蔵で現存し、銅製経筒のほか和鏡や刀身、常滑龜など10点が現存している。

系譜[編集]

凡例 太線は実子、二重線は養子。
   加賀美遠光
     ┣━━━━┳━━━━━┳━━━━┓
    秋山光朝 小笠原長清 南部光行 加賀美光経
     ┣━━┳━━┳━━━━━━┓  
     光季 長信 経明     光定
     ┣━━┳━━┳━━┓   ┣━━━┳━━━┓
     光家 光長 朝忠 良朝  時忠 上田実定 光時
     ┣━━┓         ┃   ┃
     時信 宗定        時光  義房 
     ┃            ┃
     時綱           光氏  
     ┃            ┃
     光信           氏時
     ┃            ┣━━┓
     光助           光時 信時
     ┣━━┓            
     光房 光政  
     ┃            
     光建
     ┃            
     光盛
     ┃            
     光方
     ┃            
     光季
     ┣━━┓            
     為光 昌光  
     ┃            
     光利
     ┃            
     信利
     ┃            
     信房
     ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓            
     光任                      信和 
     ┃                       ┃          
     信任                      信盛
     ┣━━━━━┓                 ┃          
     信友    信藤                盛吉
     ∥==∥  ┣━━┳━━┓           ┃          
     昌詮 親久 虎泰 信時 政時          盛忠
     ∥     ┣━━━━━━━━┓        ┃          
     親久    昌秀       下山殿徳川家康 盛次
           ┣━━┳━━┓     ┃    
           正重 昌吉 昌成   武田信吉 
           ┣━━┳━━┳━━┓         
           正俊 正家 方頼 正勝