秋夕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
秋夕
各種表記
ハングル 추석
漢字 秋夕
発音 チュソク
日本語読み: しゅうせき
テンプレートを表示

秋夕(チュソク、추석)は、朝鮮半島陰暦時憲暦)の8月15日中秋節)を指す言葉。祖先祭祀や墓参をはじめとする行事が行われる重要な祭日である。大韓民国では前後3日間が祝日であり、帰省シーズンとなる。ハンガウィ한가위)、嘉俳日(カベイル / 가배일)、中秋(チュンチュ / 중추)などとも呼ばれる。

概要[編集]

名節韓国語版と呼ばれる朝鮮の祭日の中でも、最も重要なものとされる[1]。大韓民国では前後の日と合わせて3日間が公休日(祝日)となる。同様に三連休となるのは旧正月ソルラル韓国語版)のみである。また、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)でも「ハンガウィ」として祝日になる。 帰省して墓参を行う日とされていることから、韓国では帰省ラッシュ交通は麻痺状態となる。また、会社商店は休業することが多い。

朝鮮の秋夕と日本のお盆は、いずれも祖霊崇拝儀礼が中心であり、相互になぞらえられることもある[2]。そのためか最近、韓国の「秋夕」を指して日本で「旧盆」と訳する事例が散見されるが、これは完全な誤用である。また、8月15日に行うことから「秋夕」と「お盆」を同一起源の行事と考え、日本では新暦に行い、韓国では旧暦に行うと錯覚されがちであるが、元来は別系統の起源を持つ行事である。

日本で新暦8月15日に広く行われているお盆は、もともと旧暦陰暦7月15日中元)に行うものであり、「盂蘭盆会」という仏教行事の系統であった。(ちなみに日本で「旧盆」といえば地方などで今も旧暦7月15日に行われるお盆を指す。)

韓国の秋夕は陰暦8月15日(中秋)に行うものであり、「仲秋節」という中華文化圏の行事に近い(日本では中秋の名月にあたる)。 『三国史記』によれば、新羅儒理王9年(西暦32年)、新羅六部の女子を2組に分けて1か月にわたる紡ぎの競技を行わせてこの日に勝敗を決し、またさまざまな歌舞を行わせて「嘉俳」と称したとされる[3][4]。元来、秋夕は朝鮮における雑穀や稲の第一次収穫儀礼であった[3]。なお、秋夕が最も重要視されるのは朝鮮半島南部であり、これに対して朝鮮半島北部で端午が重要視されるとの記述もある[3]

また、「迎月」など秋夕の多くの行事は陰暦1月15日上元節と対をなしている[3]。この日の食べ物にはサトイモの団子やサトイモ汁がつくられるが[3]、これは、中国の華南地方や日本の中秋節(月見行事)と関連する[3]

行事[編集]

祖先祭祀[編集]

秋夕の日、各家庭では全家族が晴れ着に着替え、新穀でつくった酒とソンピョン(松 / 송편、秋夕特有の松葉蒸し餅)や、ナツメ・栗・柿などの新たに採れた果物を祖先の祭壇に供えて祀る。これを秋夕茶礼、あるいは八月薦新と称する[3][4]

また、秋夕前後には祖先の墓参り(省墓 / ソンミョ / 성묘)を行い、これに合わせて墓の雑草の刈り掃い(伐草 / ポルチョ / 벌초)を行う[3][5]

民俗行事[編集]

秋夕に合わせ、さまざまな民俗行事が行われる。

その他[編集]

日本語の秋夕(しゅうせき)はを指す。

脚注[編集]

  1. ^ 「秋夕節は、韓国の名節中もっとも重視される朝鮮民族固有の祝祭日」(金渙(2000年)、p.59)、「中秋節は朝鮮では……秋夕とよばれ、一年中で最も重要な祭儀の日と考えられている」(依田)
  2. ^ 「日本のお盆に相当する年中行事に秋夕があります」(金渙(2000年)、p.59)
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 依田千百子「秋夕」、『朝鮮を知る事典』(平凡社、1986年)
  4. ^ a b 金渙(2000年)、p.59
  5. ^ a b c d e 金渙(2000年)、p.60

参考文献[編集]

  • 依田千百子「秋夕」、『朝鮮を知る事典』(平凡社、1986年)
  • 金渙『韓国歳時記』(明石書店、2000年)

外部リンク[編集]