私は殺される

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
私は殺される
Sorry, Wrong Number
監督 アナトール・リトヴァク
脚本 ルシール・フレッチャー
原作 ルシール・フレッチャー
製作 ハル・B・ウォリス
アナトール・リトヴァク
出演者 バーバラ・スタンウィック
バート・ランカスター
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 ソル・ポリト
配給 アメリカ合衆国の旗パラマウント映画
日本の旗セントラル映画社
公開 アメリカ合衆国の旗 1948年9月1日
日本の旗 1950年5月23日
上映時間 89分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

私は殺される』(原題:Sorry, Wrong Number)は、1948年制作のアメリカ合衆国スリラー映画

ルシール・フレッチャー1943年に制作した30分のラジオドラマを映画化。後に戯曲化・小説化され、テレビドラマ化(1946年、1954年、1962年、1964年、1989年)もされている。

主演のバーバラ・スタンウィック第21回アカデミー主演女優賞にノミネートされた。

あらすじ[編集]

コターレル製薬会社のニューヨーク支店長ヘンリー・スティーヴンソンの妻レオナは、心臓病を患ってほとんど自宅の寝室での生活を送っていた。しかしここ最近、ヘンリーの様子がおかしく、ついにある日、自宅に戻らず、会社へ電話したが通じない。

そして混線した電話から、「今夜11時15分に例の女を殺そう」という恐ろしい会話が聞こえてきた。レオナはすぐ警察に通報したが、軽く一笑に付される。彼女はヘンリーの秘書に尋ねると、夫は訪ねてきたロード夫人と共に外に出たきり、何の連絡もないという返事だった。ロード夫人こと自分の親友のサリーや主治医のアレクサンダーにも電話するが、ヘンリー対する疑惑の念はますます深まるばかりだった。

そこへレオナに1本の電話がかかってきた。エヴァンスという見ず知らずの男からであった。この電話をきっかけに事態は急展開する。

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]