福田和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福田 和子
生誕 1948年1月2日
愛媛県松山市
死没 2005年3月10日(満57歳没)
和歌山県和歌山市
死因 くも膜下出血
罪名 殺人罪
有罪判決 1999年5月31日(松山地裁)
刑罰 無期懲役
現況 服役中に病死
職業 ホステスなど

福田 和子(ふくだ かずこ、1948年1月2日 - 2005年3月10日)は、日本の強盗殺人犯である。1982年昭和57年)に殺人を犯した後、1997年平成9年)に逮捕されるまで、約15年に及ぶ逃走劇で知られる。指名手配犯として有名になったが、長期間逃亡した動機は、以前に服役した刑務所で二度も強姦事件の被害者となったことである。血液型はB型。

生涯[編集]

1948年昭和23年)、愛媛県松山市に生まれる。

幼くして両親が離婚、母親に引き取られ愛媛県川之江市(現:四国中央市)に移る。母親は自宅で売春宿を経営していた。その後母は漁師と再婚、来島に移るが島の排他性に耐え切れず母子で今治市に移る。愛媛県内の高校に入学するものの交際中の同級生が事故死し、自暴自棄になり3年生の1学期に退学。

18歳のときに同棲していた男性と高松市の国税局長の家に強盗に入った罪で松山刑務所服役中の1966年(当時18歳)、第1次松山抗争逮捕された郷田会の関係者が看守を買収し、女性受刑者を強姦するという松山刑務所事件が起き、福田はこの事件で被害者となった[1]。さらに、福田は移監された高松刑務所でも同様の被害に遭っているが、いずれも被害届を出すことが認められなかったため、公訴時効により事件の責任追及は行われなかった。

出所後、キャバレーホステスとして働いていた1982年、松山市内で福田の同僚だったホステス(当時31歳)の首を絞めて殺害する松山ホステス殺害事件を起こし、逃亡する。

逃亡中は幾度となく偽名を使ったり美容整形を繰り返したりするなどして全国のキャバレーを転々とする生活をしており、美容整形をしていたことが判明した際には「7つの顔を持つ女」と呼ばれた。愛媛県警察懸賞金をかけた捜査を行い、公訴時効が成立する21日前である1997年7月29日福井市内で逮捕された。逃亡生活は5,459日間にもおよんだ。岡山駅まで鉄道、岡山駅からは愛媛県警察のワゴン車で松山東警察署に移送された。

松山市までの道中は女性捜査員と福田が乗車した特急サンダーバード山陽新幹線などにマスコミ関係者が同乗し、福田の周囲を取り囲むなど大騒ぎとなった。逮捕のきっかけは公訴時効成立が近づき大々的にワイドショーなどで報道されたために社会的関心が高まったことにあった。

松山東警察署で取調べを受けた後の1997年8月18日殺人罪起訴された。公訴時効成立まで11時間前の起訴であった。

1999年5月31日松山地方裁判所にて無期懲役判決が下され控訴するも、2000年12月13日高松高等裁判所にて控訴棄却。拘置先の松山刑務所から高松刑務所に移され、収監。福田は最高裁判所上告したが2003年11月、上告棄却。無期懲役の刑が確定し、和歌山県和歌山市和歌山刑務所に収監された。

2005年2月に刑務所内の工場の作業中に、くも膜下出血のため緊急入院。意識の回復の無いまま3月10日、入院先の和歌山市内の病院にて死亡。57歳没。

事件発生から逮捕までのエピソード[編集]

逮捕までの15年近くの5459日間、日本各地を転々としていた福田だが、潜伏生活の中で最も大胆だったのは石川県根上町(現在は市町村合併により能美市)の和菓子屋の後妻(入籍はしておらず、事実上の内縁関係)の座に納まっていたことである。その店には、家が近所で当時、小学生だった松井秀喜も客としてよく菓子を買いに来ており、逮捕後のインタビューで「きれいで愛想のいい奥さんだった」と語っている。

金沢市のスナックで働いていた福田はその店の客だった和菓子屋の主人に見初められて同棲するようになり、店も手伝うようになる。福田は非常によく働き、接客も得意だったことから、店はたちまち評判となり、新しく改装するほどの繁盛店となった。和菓子屋の主人は福田をたいそう気に入り、正式に結婚を申し込むが、福田は正体の判明を恐れ、結婚を渋る。

あまりに結婚を渋る福田の態度に不審を抱いた親戚が石川県警察に通報し、警察は福田の逮捕に向かう。しかし、当日、近所の葬式の手伝いに出掛けていた福田は警察の行動を素早く察知し、とっさの判断で近くにあった自転車に乗り逃走。これにより逮捕は失敗する。このとき、警察は福田が整形手術を行っていたことを初めて知り、この事実は当時の週刊誌でも取り上げられた。その後は愛知県内でモーテルの客室清掃員などもしていたらしいが、詳しい足取りは不明である。逮捕後の供述では、大阪を拠点に、近畿地方中国地方北陸地方などの料理店などを転々としていたとしている。

その後も捜査網を巧みにくぐり抜け逃亡を続けるが、福井市に潜伏していた1997年、市内のおでん屋の店主から提供されたビール瓶とマラカスから採取された指紋が決め手となり、ついに福田は逮捕された。当時、時効を目前に控えたこの事件は盛んにテレビのワイドショーなどで取り上げられ始めており、福田の肉声も繰り返し放送されていた。福田はこの時、逮捕に繋がる情報を提供した店の常連客であり、店主や他の常連客はテレビでよく耳にする福田和子と声がそっくりな彼女を怪しむようになったのだという。逮捕の現場となったそのおでん屋はのちに区画整理によって取り壊された。

逮捕成功につながった情報の提供者は懸賞金を受け取ったが、その後、慈善団体に寄付を行った。

福田和子を演じた女優[編集]

著書[編集]

  • 『涙の谷…私の逃亡、十四年と十一カ月十日』 扶桑社(原著1999年8月)。ISBN 4594027490 - 松山刑務所で自ら綴った書き下ろし360枚。
  • 『涙の谷』 扶桑社〈扶桑社文庫〉(原著2002年7月)。ISBN 4594036481 - 1999年刊行書の文庫化。印税の800万円は遺族に寄付されている。

脚注[編集]

  1. ^ この刑務所内強姦事件は第52回国会法務委員会にも取り上げられる大スキャンダルとなったが、刑事事件として立件されなかった。また、福田を強姦した看守は事件直後自殺したため、仮に被害届提出があっても、被疑者死亡により不起訴となるケースであった。

関連項目[編集]