福生寺 (備前市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福生寺
Fukushoji.JPG
福生寺境内
所在地 岡山県備前市大内999
位置 北緯34度44分58.8秒
東経134度8分15.7秒
座標: 北緯34度44分58.8秒 東経134度8分15.7秒
山号 大滝山
宗派 高野山真言宗
本尊 十一面千手観音大日如来
創建年 (伝)天平勝宝6年(754年
開基 (伝)鑑真
札所等 瀬戸内三十三観音霊場10番
山陽花の寺14番(西法院)
文化財 三重塔(重要文化財)
仁王門、本堂、大師堂(市文化財)
テンプレートを表示
大滝
大滝山三重塔

福生寺(ふくせいじ、ふくしょうじ)は、岡山県備前市大内にある高野山真言宗寺院山号は大滝山、本尊十一面千手観音菩薩(本堂)、大日如来(三重塔)。瀬戸内三十三観音霊場第十番札所、子院の西法院が山陽花の寺二十四か寺第十四番となっている。

奈良時代創建の寺伝をもつ山陽地方でも有数の古寺で、一般には山号の「大滝山」で知られる(山号は境内にあるに由来する)。現在、大滝山福生寺は宗教法人格を有せず、寺は実相院、西法院、福寿院の3つの子院によって維持管理されている。

御詠歌:おおたきの みねよりおつる たきのねは ふくちりしようの みのりぞときく

歴史[編集]

江戸時代中期の元禄14年(1701年)に書かれた縁起によれば、天平勝宝6年(754年鑑真により創建されたとある。その後、報恩大師が備前48か寺を整備した際にその一つとなった。

平安時代初期、菅原道真が編纂した『類聚国史』の寺田地の項には、「天長5年(828年)6月備前国墾田四町六反為大滝寺田」とあり、法隆寺唐招提寺と並んで記載されておりその古さが窺える。

縁起書によれば、平安時代中期の万寿元年(1024年)に大火により焼亡した。その後、足利尊氏の発願により観応年間(1350年 - 1352年)再興されたとある。僧院は33房を数えたが、康正年間(1455年 - 1457年)の赤松氏山名氏の争いにより山門と三重塔以外は全て戦火により焼亡した。江戸時代、岡山藩主により庇護され明治初期には13房が残っていた。なお、現在の僧院は実相院、西法院、福寿院の3房である。

文化財[編集]

寺内には室町時代中期に建立された三重塔がある。寺伝では嘉吉元年(1441年)、室町幕府6代将軍・足利義教の命によって建立されたとする。葺の屋根を持つこの塔は「大滝山三重塔」の名で国の重要文化財に指定されている(大正15年(1926年)指定)。[1]

京都から離れているものの足利将軍家の信仰が厚かったようであり、応永4年(1398年)には3代将軍・足利義満により仁王門が建立されている。また、江戸時代には岡山藩主の庇護に置かれた。岡山藩2代藩主・池田綱政が大願主となり天和2年(1682年)に本堂が再建された。仁王門、本堂および大師堂は備前市指定文化財となっている。

これらの境内に残る建造物は実相院、西法院、福寿院により管理されている。

所在地[編集]

岡山県備前市大内999

アクセス[編集]

前後の札所[編集]

瀬戸内三十三観音霊場
9 光明寺 -- 10 福生寺 -- 11 明王寺
山陽花の寺二十四か寺
13 大聖寺 -- 14 福生寺 西法院 -- 15 遍明院

参考文献[編集]

  • 岡山県高等学校教育研究会社会科部会歴史分科会/編 『新版 岡山県の歴史散歩』 山川出版社 1991年 49ページ
  • 『瀬戸内三十三観音所巡り』 瀬戸内三十三観音霊場会作成パンフレット
  • 『山陽花の寺二十四か寺』 山陽花の寺霊場会作成パンフレット
  • 現地説明板

脚注[編集]

  1. ^ "福生寺" 長谷川周

外部リンク[編集]