福大前西福井駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福大前西福井駅
福大前西福井駅 駅構内
福大前西福井駅 駅構内
ふくだいまえにしふくい - FUKUDAIMAENISHI-FUKUI
田原町 (0.7km)
(0.8km) 日華化学前
所在地 福井県福井市文京4丁目
所属事業者 えちぜん鉄道
所属路線 三国芦原線
キロ程 4.3km(福井起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1928年(昭和3年)12月30日[1]
備考 有人駅
京福西福井ビル
福井大学

福大前西福井駅(ふくだいまえにしふくいえき)は、福井県福井市文京4丁目にあるえちぜん鉄道三国芦原線

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対ホーム2面2線の地上駅。左側通行での列車交換が可能。 出札窓口と改札口は北側の1番ホーム階段下に1箇所あり、改札口と2番ホームは構内遮断機付き通路で結ばれている。 駅ビル(京福西福井ビル)内の商業施設と併設されている[3]

駅構内[編集]

ホーム部分全体の上部が駅ビル(京福西福井ビル)に覆われている。 出札窓口は早朝・深夜を除き営業、無料レンタサイクルあり。

駅周辺[編集]

京福西福井ビルと新駅開業時の1979年(昭和54年)1月に総合スーパー平和堂西福井店が同ビル内に入居する形で開店したが[6]2002年(平成14年)1月20日に撤退した[2]。 同年3月にスーパーセンターみつわ西福井店が後継店舗として入居したが[3]2012年1月に閉店となり[4]、同年12月に食料品スーパーのハニーを核とする「えちぜんCULSA(クルサ)」として新装開店した[5]

約150m先に国立福井大学本部(文京キャンパス)正門があり、マンションや下宿、大学官舎、商店、民家が混在する学生街。 福井県立福井商業高等学校、私立啓新高等学校のほか、民間病院あり。ほか2km近く離れているが私立福井工業大学本部・福井キャンパスおよび附属福井中学校・高等学校の最寄駅でもあるため、通学時間帯には多くの学生が乗降している。

京福電鉄時代には、1948年の福井地震で倒壊した旧・西福井駅舎を1952年の福井復興博覧会開催に合わせ再建(京福西福井ビル以前の駅舎)した。同時に敷設された貨物用の引込線と石油タンクの専用線があった。1950年代には福井口駅 - 西福井駅間に定期の貨物列車が設定されていた。

隣の駅[編集]

えちぜん鉄道
三国芦原線
田原町駅 - 福大前西福井駅 - 日華化学前駅

脚注[編集]

  1. ^ a b 「地方鉄道運輸開始」『官報』1929年1月16日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ a b “ほていや―生活創庫福井店33年、歴史に幕”. 福井新聞 (福井新聞社). (2002年1月20日)
  3. ^ a b c 宮下祥恵 (2011年10月21日). “「みつわ西福井」来年1月閉店へ 市街地、買い物難民も”. 福井新聞 (福井新聞社)
  4. ^ a b “西武福井が弁当宅配、買い物代行も 10月から「ご用聞きサービス」”. 福井新聞 (福井新聞社). (2012年9月27日)
  5. ^ a b “福井に大手小売店続々進出、なぜ 地元業者は生き残りへ正念場”. 福井新聞 (福井新聞社). (2013年2月16日)
  6. ^ “西福井駅の平和堂、来年1月撤退”. 福井新聞 (福井新聞社). (2001年8月31日)

参考文献[編集]

  • 『京福電気鉄道 88年回顧録 越前線写真帖』京福電気鉄道 2003年発行
  • 『京福電気鉄道50年の歩み』京福電気鉄道 1993年2月24日発行
  • 今尾恵介『日本鉄道旅行地図帳』6号 北信越 新潮社2008年発行

関連項目[編集]