福士政一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

福士 政一(ふくし まさいち、1878年1月30日 - 1956年6月3日)は、日本の病理学者

人物[編集]

山口県出身。東京帝国大学医学部卒業後、1914年金沢医学専門学校金沢大学医学部)教授等を経て日本医科大学教授。日本病理学会会長。梅毒性大動脈炎、甲状腺の病理などを研究。文身の研究でも知られ、収集したコレクションは東京大学医学部標本室に収蔵されている。息子の福士勝成日本医科大学名誉教授・病理学者)とともに親子二代の「刺青博士」として有名。

参考文献[編集]

  • 「死体の文化史」(刺青の皮を剥ぐ博士) 下川耿史著、青弓社、1990
  • 「日本刺青芸術・彫芳」高木彬光、D.E.ハーディ、福士勝成、人間の科学新社