福地寿樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福地 寿樹 (福地 和広)
東京ヤクルトスワローズ コーチ #73
YS-Kazuhiro-Fukuchi.jpg
ヤクルト現役時代(2009年、阪神甲子園球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県杵島郡北方町
(現:佐賀県武雄市
生年月日 1975年12月17日(38歳)
身長
体重
184 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手二塁手
プロ入り 1993年 ドラフト4位
初出場 1997年10月10日
最終出場 2012年10月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 東京ヤクルトスワローズ (2013 - )

福地 寿樹(ふくち かずき、本名:福地 和広(ふくち かずひろ)、1975年12月17日 - )は、佐賀県出身の元プロ野球選手外野手内野手)。

2013年東京ヤクルトスワローズの二軍外野守備走塁コーチを務めた。2014年シーズンより一軍外野守備走塁コーチを務める。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

1975年に佐賀県で生まれる。中学校時代からのちに武器となる俊足で鳴らし、中学2年生ではハードルで県大会に出場し、見事に優勝した。佐賀県立杵島商業高等学校に進学後は硬式野球部に所属し、3年生最後の県大会ではベスト4まで勝ち進んだほか、佐賀県高校選抜でも4番・遊撃手を務めるなど非凡な才能を発揮した。高校通算打率は4割を超え、通算本塁打も18本を数えている。この活躍が評価され、俊足の大型遊撃手として、1993年のドラフト会議において、広島東洋カープから4巡目で指名を受け、入団。背番号は53

広島時代[編集]

ウエスタン・リーグでは一年目から主力に定着し、持ち前の俊足を発揮して、二軍で1995年から1998年まで4年連続の盗塁王に輝いた。特に1998年にはウエスタン・リーグ史上唯一となる年間50盗塁を記録した。1997年には背番号を44に変更したほか、同年10月10日の対ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)において、消化試合ながら2番・二塁手で一軍初(先発)出場を果たす。

1999年から登録名を「和広」から「寿樹」に変更すると、同年4月20日の対読売ジャイアンツ戦(広島市民球場) で上原浩治からプロ初安打となる遊撃内野安打を放った。これ以降は代走要員として一軍に定着し、2000年から2003年まで4年連続2桁盗塁を記録するなど、走塁のスペシャリストとして活躍する。その結果、2002年までは通算盗塁数が通算安打を上回っていたという珍しい記録を持つ。

2003年は1番・二塁手でプロ初の開幕先発出場の座を掴み、さらにプロ初本塁打を打ってセントラル・リーグ2位タイの盗塁数を記録した。一気に二塁手のレギュラーになるかと思われたが、5月以降は木村拓也にレギュラーを奪われた。

2004年は昨年に続いて二塁手のレギュラーの座を狙える状態だったが、開幕前に右足首靱帯断裂の重傷を負い、足が武器の福地にとって回復が大幅に遅れ、この年は0盗塁に終わった。ようやくシーズン最終戦の最終打席(10月14日、対横浜ベイスターズ戦の9回2死無走者)で吉見祐治からシーズン初安打となる二塁打を放ち、その試合でノーヒットノーラン献上を目前で阻止した[1]

2005年には走塁面で復調して2年ぶりの盗塁を決めるなど、最終的には8盗塁を記録したが、離脱していた間に尾形佳紀の台頭もあり、代走起用が中心となり影が薄くなってしまった。

2006年3月23日青木勇人との交換トレードで西武ライオンズへ移籍。

西武時代[編集]

2006年開幕より好調な打撃を見せ、セ・パ交流戦からは1番・右翼手として定着、競争の激しい西武外野陣の中でレギュラーを掴み取った。同年6月7日には13年目にして初となるヒーローインタビューを受けたほか、広島時代には12年間で僅か1本しか打てなかった本塁打も同年だけで4本打っており、打率.289、最大の持ち味である盗塁もリーグ3位の25個を決め、プロ13年目にして最高のシーズンとなった。

2007年もオープン戦から好調で、中堅手のレギュラーだった赤田将吾が離脱したこともあり、赤田を抑えて1番・中堅手で2度目の開幕先発出場を果たした。序盤は不調で佐藤友亮栗山巧と中堅手のレギュラーを争う形となったが徐々に調子を上げ、同年6月16日の対広島東洋カープ戦では5打数5安打を記録するなど、印象的な固め打ちも多かった。一時はレギュラーの座を掴みかけたものの、8月以降は栗山の成長や福地自身の出塁率の悪さもあり、代走・守備要員に回る機会が多くなった。それでも盗塁数は自己最多の28個を記録した。

同年12月21日、FA権行使によって西武ライオンズへ移籍してきた石井一久の人的補償選手として、東京ヤクルトスワローズへ移籍することが決まり、12月26日付でヤクルトの支配下選手に登録されたことが公示された。2008年1月9日に入団発表を行い、背番号は29に決定した。

ヤクルト時代[編集]

2008年は開幕先発出場を逃したものの、徐々に調子を上げて1番打者として定着し、同年8月12日より7試合連続マルチ安打を達成した。最終的には131試合に出場して初の規定打席に到達し、打率.320・9本塁打、61打点と自己最高の成績を残した。また、俊足を生かしてリーグ最多となる7本の三塁打を放った。このシーズンは42盗塁で、赤星憲広と1差でセ・リーグ盗塁王を獲得、15年目にして初のタイトル獲得となった。

同年9月28日の広島市民球場公式戦最終戦では同球場での最後の打者となり、永川勝浩の前に空振り三振に倒れている。最終戦の10月12日には自身初の一塁手で先発出場し、その活躍からWBC日本代表候補に名前が挙がった。

2009年は背番号を3に変え、基本は1番・左翼手で出場した。打率・出塁率が前年よりも低下したものの盗塁死数が減少し、2年連続盗塁王を獲得した。9月28日には通算200盗塁を決めている。

2010年も開幕から1番・左翼手として起用されたが、4月8日に左ふくらはぎの肉離れによって登録を抹消される。5月2日に再登録されるも、その後は打撃不振により先発を外れることが多くなり、主に代走・守備固めなどで起用された。8月10日の対読売ジャイアンツ戦では11回裏に押し出し死球でサヨナラ勝利を飾り、好調が続くチームは7連勝となった。打席に立つ機会は減ったものの、途中出場時には高打率を残してチームに貢献し、最終的には打率.246、盗塁23(盗塁死4)という成績となった。小川淳司が監督代行に就任して以降は打撃優先から控えに回ることが増えたが、「(奇跡の大躍進は)福地のようなベテランが腐らないおかげ」と名指しで賞賛される。

2011年開幕当初は打撃不振でありながら、「足のスペシャリスト」としてチームに貢献した。しかし、6月18日の対千葉ロッテマリーンズ戦で、2塁へのスライディング時に左肩関節を脱臼し、離脱することとなった[2]。終盤戦に復帰し、10月9日の対広島東洋カープ戦ではサヨナラ打を放った[3]。手薄となったチームの穴を埋めてクライマックスシリーズファイナルステージ進出に貢献したが、出場試合は40試合に留まった。

2012年はチームがクライマックスシリーズ進出争いをする中、83試合に出場し、9月26日の対阪神タイガース戦では通算1000試合出場[4]、同年10月4日の対広島戦(マツダスタジアム)では史上44人目となる通算250盗塁を達成[5]。この250盗塁を花道とし、10月6日に今季限りでの現役引退を発表した[6]。同年10月7日、シーズン最終戦の対広島東洋カープ戦では5回に代打として出場、その後も守備に就き、8回裏には横山竜士から中前安打を放っているが、牽制でアウトになっている。試合後にはチームメイトから胴上げされている[7][8]。中日とのクライマックスシリーズファーストステージには3試合とも出場し[9][10]、第3戦では7番・中堅手として先発出場したがチームは敗れ、これが現役最後の試合となった[11]11月1日、任意引退公示[12]

引退後[編集]

2013年からは東京ヤクルトスワローズの二軍外野守備走塁コーチを務めることとなった。背番号は73に決定した。 2013年10月23日2014年シーズンより一軍外野守備走塁コーチに就任することが発表された[13]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1997 広島 2 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1999 14 26 25 4 6 0 1 0 8 1 4 1 0 0 1 0 0 3 0 .240 .269 .320 .589
2000 51 21 17 18 1 1 0 0 2 0 11 7 0 0 4 0 0 5 0 .059 .238 .118 .356
2001 52 9 7 12 4 1 0 0 5 2 10 4 1 0 1 0 0 1 0 .571 .625 .714 1.339
2002 53 103 97 17 25 3 1 0 30 5 16 5 3 0 3 1 0 26 0 .258 .280 .309 .589
2003 91 173 159 32 41 7 0 1 51 4 20 8 8 0 5 0 1 42 2 .258 .285 .321 .606
2004 19 19 17 3 1 1 0 0 2 0 0 2 1 0 0 0 1 5 0 .059 .111 .118 .229
2005 30 11 11 9 2 0 0 0 2 0 8 1 0 0 0 0 0 1 0 .182 .182 .182 .364
2006 西武 91 333 294 51 85 11 5 4 118 22 25 9 16 0 16 1 7 47 2 .289 .341 .401 .742
2007 117 356 319 43 87 14 3 0 107 20 28 7 13 1 15 0 8 47 6 .273 .321 .335 .656
2008 ヤクルト 131 532 485 74 155 22 7 9 218 61 42 13 7 3 29 0 8 90 7 .320 .366 .449 .815
2009 137 543 504 75 136 13 5 5 174 34 42 6 5 3 27 1 4 86 4 .270 .310 .345 .656
2010 98 225 203 39 50 7 2 1 64 11 23 4 4 0 10 0 8 46 2 .246 .308 .315 .623
2011 40 65 58 13 9 2 1 0 13 5 10 2 3 0 2 0 2 13 0 .155 .210 .224 .434
2012 83 216 188 18 48 13 1 0 63 19 12 1 6 2 16 0 4 29 3 .255 .324 .355 .659
通算:15年 1009 2637 2389 408 650 95 26 20 857 184 251 70 67 9 129 3 43 443 26 .272 .320 .359 .679
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]

年度 一塁 二塁 外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
1997 - 1 2 3 0 0 1.000 -
1999 - 2 3 1 0 1 1.000 5 8 0 1 0 .889
2000 - 1 0 0 0 0 - 22 11 0 0 0 1.000
2001 - 2 2 0 0 0 1.000 13 4 0 1 0 .800
2002 - 21 48 69 2 8 .983 16 14 1 0 0 1.000
2003 - 24 53 57 3 16 .973 56 29 1 0 0 1.000
2004 - - 14 8 0 0 0 1.000
2005 - 1 1 3 1 0 .800 12 3 0 0 0 1.000
2006 - - 86 148 4 0 2 1.000
2007 - - 99 177 5 2 0 .989
2008 1 7 0 0 1 1.000 - 123 179 6 1 1 .995
2009 2 12 1 0 0 1.000 - 129 217 5 0 1 1.000
2010 - - 91 100 1 1 0 .990
2011 - - 30 33 0 0 0 1.000
2012 - - 60 79 0 1 0 .988
通算 3 19 1 0 1 1.000 52 109 133 6 25 .976 756 1010 23 7 4 .993

タイトル[編集]

表彰[編集]

  • JA全農Go・Go賞:3回(最多二・三塁打賞:2008年8月 好走塁賞:2009年4月 最多盗塁賞:2011年4・5月)

記録[編集]

初記録
節目の記録

背番号[編集]

  • 53 (1994年 - 1996年、2006年 - 2007年)
  • 44 (1997年 - 2005年)
  • 29 (2008年)
  • 3 (2009年 - 2012年)
  • 73 (2013年 -)

登録名[編集]

  • 福地 和広 (ふくち かずひろ、1994年 - 1998年)
  • 福地 寿樹 (ふくち かずき、1999年 - 2012年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この年の広島東洋カープは、10日前(10月4日)の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)で井川慶にノーヒットノーランを許しており、「同一月に二度のノーヒットノーラン献上」という史上初の不名誉な記録を喫するのを免れた。
  2. ^ “福地 今季初の盗塁失敗で左肩関節脱臼…”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2011年6月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/06/19/kiji/K20110619001046680.html 2013年5月21日閲覧。 
  3. ^ “竜に離されん!福地、気合のサヨナラ打”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2011年10月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/10/09/kiji/K20111009001791480.html 2013年5月21日閲覧。 
  4. ^ 09月26日(水)東京ヤクルトスワローズ-阪神タイガースヤクルト球団公式サイト 2012年9月26日
  5. ^ 10月04日(木)広島東洋カープ-東京ヤクルトスワローズヤクルト球団公式サイト 2012年9月26日
  6. ^ 福地選手が現役引退を表明、ファンの皆様、関係者の皆様へヤクルト球団公式サイト 2012年10月6日
  7. ^ 最終戦も勝負をかけるヤクルト球団公式サイト 2012年10月10日閲覧
  8. ^ [1]ヤクルト球団公式サイト 2012年10月7日
  9. ^ 10月13日(土)中日ドラゴンズ-東京ヤクルトスワローズヤクルト球団公式サイト 2012年10月13日
  10. ^ 10月14日(日)中日ドラゴンズ-東京ヤクルトスワローズヤクルト球団公式サイト 2012年10月14日
  11. ^ 10月15日(日)中日ドラゴンズ-東京ヤクルトスワローズヤクルト球団公式サイト 2012年10月15日
  12. ^ 2012年度 任意引退選手”. 日本プロ野球機構 (2012年10月30日). 2012年10月30日閲覧。
  13. ^ 2014年コーチングスタッフについて

関連項目[編集]

外部リンク[編集]