福光久代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

福光 久代(ふくみつ ひさよ、本名:森田 久代、1960年2月19日- )は日本の元陸上競技選手。女子走高跳の元日本記録保持者である。佐賀県東脊振村(現・吉野ヶ里町)出身。ロサンゼルスオリンピック女子走高跳日本代表。

略歴[編集]

佐賀県立鳥栖高等学校1年生の時に国民体育大会で1学年上の八木たまみを初めて目にし、「雲の上の人」という印象を抱く[1]。高校在学時代の八木には一度も勝てなかったが、目標として練習に励んだ。八木が高校を卒業した後の1977年の全国高等学校総合体育大会に1m78cmの記録で初優勝。

高校卒業後、静岡県大昭和製紙に入社。1979年のアジア陸上選手権(東京)では銅メダル。1980年の栃木国体で初めて八木に勝利する。同年10月、八木の持っていた記録を1cm更新する1m91cmの日本新記録を樹立。翌1981年のアジア陸上選手権(東京)では自己記録を更新する1m93cmのアジア新記録で優勝。1982年のニューデリーアジア大会では銀メダルを獲得した。

1984年のロサンゼルスオリンピックに日本代表として出場し、1m87cmで17位(予選落ち)であった。

引退後は地元の佐賀県に在住。県の陸上大会で審判を務めたりしている[1]

成績[編集]

日本選手権[編集]

3回優勝(1980年、1982年、1984年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 青春群像 あのとき私のインターハイ - 佐賀新聞2006年10月17日