祥鳳型航空母艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
祥鳳型航空母艦
祥鳳型2番艦[要出典] 瑞鳳
艦級概観
艦種 航空母艦
艦名
前級
次級
性能諸元(竣工時)
排水量 基準:11,200トン
公試:13,100トン
全長 205.5m
全幅 水線幅:18.0m
吃水 6.64m(公試状態)
飛行甲板 長さ:180.0m x 幅:23.0m
エレベーター2基
主缶 ロ号艦本式水管缶(重油専焼)4基 燃料:重油2,320トン
主機 艦本式オール・ギヤード・タービン2基、2軸、52,000馬力
速力 28 ノット
航続距離 18ノットで7,800海里
乗員 785名
兵装 12.7cm40口径連装高角砲4基
25mm連装機銃4基
搭載機 艦上戦闘機18機、艦上攻撃機9機
補用3機(艦戦)

祥鳳型[要出典]航空母艦(しょうほうがたこうくうぼかん)は大日本帝国海軍航空母艦。平時は給油艦潜水母艦であるが、戦時に航空母艦へ改装した。

概要[編集]

ロンドン海軍軍縮条約により、日本海軍は平時における空母保有数に制限が付けられていた。しかし、日本海軍はこの制限を越えて空母を保有しようと検討し、平時は条約制限外の給油艦・潜水母艦であるが、戦時に改装することにより空母となる艦を考案した。改装艦のメリットとして、条約の制限外であるほかに、船体・機関の建造期間の短縮などがある。

この計画に則り、1934年(昭和9年)の海軍軍備補充計画(通称マル2計画)において、剣埼型給油艦2隻(剣埼・高崎)の建造が開始された。両艦とも1935年(昭和10年)と1936年(昭和11年)に進水したが、1936年にロンドン海軍軍縮条約を脱退したことに伴い、主機の強化やエレベータを設置した潜水母艦への改装が開始された。

剣埼は1939年(昭和14年)に潜水母艦として竣工するが、高崎は潜水母艦として竣工することなく1940年(昭和15年)に空母改装が開始され、同年12月に空母・瑞鳳として竣工する。剣埼も1941年(昭和16年)より空母改装に着手し、1942年(昭和17年)1月に空母・祥鳳として竣工した。

空母としての祥鳳型は、排水量1万トンクラスの軽空母である。平甲板型であり、島型艦橋は有していない。ハリケーンバウではなく、低艦舷であり飛行甲板の先端と末端は支柱により支えられている。エレベータは艦の前部と後部に一基ずつ設置されており、煙突は右舷中央部に大型のものが下向きに1本、同じく右舷後部に小型のものが上向きに1本設置されていた。

戦歴[編集]

祥鳳が珊瑚海海戦にて日本海軍初の喪失空母となったのとは対照的に、姉妹艦である瑞鳳は日本海軍機動部隊として最後の戦いとなったレイテ沖海戦まで、第一線で戦い続けることになった。

同型艦[編集]

  • 祥鳳 - 起工、1934年11月。1939年1月、潜水母艦・ 剣埼として竣工。1942年1月、空母・祥鳳として竣工。1942年5月7日、アメリカ軍機の攻撃により戦没。
  • 瑞鳳 - 起工、1935年6月。1940年12月、空母・瑞鳳として竣工。1944年(昭和19年)10月、アメリカ軍機の攻撃により戦没。

祥鳳型に酷似している龍鳳が同型艦に含められる場合もある[要出典]が、艦としては別型となる。ただし艦隊運用上は同型艦として扱われた[要出典]

参考文献[編集]

  • 長谷川藤一、軍艦メカニズム図鑑-日本の航空母艦、グランプリ出版、1997年
  • 雑誌「丸」編集部、写真|日本の軍艦 第4巻 空母Ⅱ、光人社、1989年

関連項目[編集]