神鍋高原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神鍋山中腹から眺む神鍋単成火山群

神鍋高原(かんなべこうげん)は、兵庫県豊岡市にある高原山陰海岸ジオパークおよび氷ノ山後山那岐山国定公園の区域に指定されている。

約2万年前の火山活動でできたスコリア丘である神鍋山(標高469m)玄武岩質の溶岩流からなる。神鍋山山頂にある噴火口には周囲約750m、深さ約40mのカルデラが形成されており、また周辺には火山活動により生成された風穴が多数ある。北西隣の大机山、南東の太田山、ブリ山、清滝山といった単成火山とともに神鍋単成火山群を構成する。 また神鍋山から稲葉川を下った溶岩流により形成された渓谷は「神鍋溶岩流」と称され、八反滝から十戸滝までの3km余りの間は30以上の滝や淵が続く変化に富んだ渓相となっている。

高原リゾートの歴史[編集]

神鍋高原スキー場の歴史は古く、大正時代に開かれた。2011年現在、アップかんなべスキー場奥神鍋スキー場万場スキー場の3つのスキー場がある。関西きっての名門スキー場であり、1957年昭和32年)、1965年(昭和40年)に冬季国体のスキー競技会場となった。ただし、全山共通のリフト券は用意されているものの、奥神鍋スキー場と万場スキー場は隣接しているが、アップかんなべスキー場は離れており、志賀高原などのように高原全体が一体化したスキーエリアとはなっていない。

1980年頃から、スキー以外にもパラグライダーゴルフテニスなどのアウトドアスポーツが楽しめるオールシーズン対応のレクリエーションエリアに変化している。夏休みには部活動サークル活動での合宿先として利用されることも多い。1998年には、全天候型スポーツ施設の但馬ドームが竣工した。

神鍋高原の名所、施設[編集]

主なハイキングコース[編集]

  • 道の駅神鍋高原から風穴を経て神鍋山噴火口まで(往復約100分)
  • 神鍋溶岩流の俵滝から十戸滝まで(約5㎞)
  • ブルーリッジ森林浴コース「ブルーリッジ高原プロムナード」[1](往復約40分)

所在地[編集]

兵庫県豊岡市日高町栗栖野

交通アクセス[編集]

  • JR山陰本線 江原駅から全但バスで「神鍋温泉ゆとろぎ前」または「東河内」・「万場」行きで約30分、「神鍋温泉ゆとろぎ前」下車、神鍋山登山道入口まで徒歩3分

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「神秘の清流 神鍋溶岩流散策MAP」豊岡市発行(2013年9月15日閲覧)

外部リンク[編集]