神田 (曖昧さ回避)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神田(しんでん、かんだ、こうだ、かみだ)とは、元々神社が所有する田、あるいは神社(しばしば伊勢の神宮)に納める稲を作る田のことで、それがあった場所の地名になっていることも多い。似たものに神戸がある。

関連項目[編集]