神田瀧夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かんだ ろむ
神田 瀧夢
神田 瀧夢
Rome Kanda Public Profile Photo
別名 神田ロム
Rome Kanda
出生地 日本の旗 日本 大阪府
国籍 日本の旗 日本
職業 俳優
コメディアン
ジャンル 映画
テレビ
コメディショー
活動期間 1987年 -
公式サイト 神田瀧夢公式サイト
主な作品
TOKYO-POP』(1987年)
その男、凶暴につき』(1989年)
ソナチネ』(1993年)
I Survived a Japanese Game Show』Season1&2(米ABC)
インフォーマント!』(2009年)

神田 瀧夢(かんだ ろむ)は、日本コメディアン俳優タレント。(別称は神田ロム、英語表記はRome Kanda)1999年よりアメリカに活動舞台を移して映画テレビなどに出演しながら、ハリウッドのコメディシアターでライブパフォーマンスも行っている。

略歴[編集]

大阪府岸和田市出身。清風高等学校聖トマス大学(旧英知大学)卒業。

演技は奈良橋陽子らに師事するほか、NYアクターズスタジオで学ぶ。空手道剣道居合道といった日本の武道以外にも講談日本舞踊狂言といった日本の古典芸能にも精通している[1]。日本ではK-1リングアナウンサーを務めたことがある[2]。1999年に初渡米。ロサンゼルス留学中にコメディークラブに出演[3]。 映画デビューは日米合作の『TOKYO-POP』(87年)。2006年からロサンゼルスに拠点を移す。

ABCテレビで2008年6月24日から放送されているリアリティショー『I Survived a Japanese Game Show』の司会者に抜擢された(正確には同番組の舞台となる架空の日本のバラエティ番組『本気(まじ)で』の司会を務める)。米史上初めてメジャーネットワークの全米テレビ番組で司会をした日本人である[4]フジテレビ系列が放映した『ザ・ベストハウス123』の「知られざるサクセスストーリー! 海外で大スターになった日本人BEST3」(2009年2月4日放送分)[5]で第1位(史上初。全米ネットワークテレビで、自分の番組を持つ男)に輝く。同じく米国のケーブル・衛星テレビ局G4では「カトウ・ケイ」(漢字表記不明)と名乗り、『Unbeatable Banzuke(筋肉番付)』の司会を担当。

  • 2012年 - 国際社会で顕著な活動を行い世界で『日本』の発信に貢献した業績をもとに、外国人プレス関係者により構成される、世界で活躍し『日本』を発信する日本人プロジェクトより、内閣府から世界で活躍し『日本』を発信する日本人の一人に選ばれた。英語名:Profiles of "Passion without borders" Japanese.

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビバラエティほか[編集]

CM[編集]

講演・スピーチ[編集]

エピソード[編集]

  • 海外に出ようと決めたきっかけは、19歳で大阪からロンドンに遊学した時に出会った現地の人々が「みんな日本のことすら知らなくて、ブルース・リーは日本人、ナショナル富士カラーが「Made in England」だと信じていたのを目の当たりにして「これではダメだと、大阪と日本を背負った人物になろうと思った」から[2]
  • トム・クルーズ主演のハリウッド映画『ラスト・サムライ』のオーディションを受けたが、結果は不合格。その際に他人にはできない自身の強みで勝負しようとコメディーの道に転向を決意。当初は友人とコンビで英語漫才をやっていたが、後にコンビを解消。その後スタンドアップ・コメディーの大会に1人で出て、優勝した経験もある[3]
  • 1994年から1996年の3年間、米国縦横断を皮切りに、30数カ国を巡る世界一周の一人旅を敢行。この旅でサイババマザー・テレサらの世界の伝説的人物、そしてアボリジニア(オーストラリア)やマオリ(ニュージーランド)、ネイティブアメリカンやホピ族(米国)らと精神的交流を深めた[4]
  • ローラーボールラッキー・ガールに出演することになり、撮影まで撮了したが、出演部分はすべてカットされていた。(出演料は支払われた。)

脚注[編集]

  1. ^ IMDb Actor
  2. ^ アメリカンドリーマーズ
  3. ^ アメリカンドリーマーズ
  4. ^ 神田瀧夢ヒストリー

外部リンク[編集]