神津神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神津神社
Kamitsujinja01.jpg
鳥居
所在地 大阪府大阪市淀川区十三東2丁目6-39
位置 北緯34度43分14.5秒
東経135度29分4.2秒
主祭神 応神天皇・神功皇后
底筒男命・中筒男命・表筒男命
宇賀御魂神菅原道真公
少名彦神猿田彦神
社格 旧村社
創建 天正年中(16世紀末)
例祭 10月23日
テンプレートを表示

神津神社(かみつじんじゃ)は大阪市淀川区十三東に鎮座する神社

祭神[編集]

歴史[編集]

もとは八幡神社と称し、中津川神崎川の氾濫で旧記録流失し創記年代は不詳。旧地名小島から小島八幡といわれていた。昭和4年(1929年)の社殿改築時に見つかった宝永7年(1710年)銘の棟札には天正年中(15731592年勧請とある[1]

  • 明治5年(1872年村社
  • 明治42年(1909年)野中の野々宮神社、新在家の東宮稲荷神社、西宮稲荷神社、堀上の稲荷神社、今里の八幡神社、木川の村社産土神社、天満神社、堀の稲荷神社を合祀
  • 明治44年(1911年)小島の猿田彦神社を合祀して、今の社名に改める。
  • 明治44年(1911年)神饌幣帛料供進社に指定される[2]
  • 昭和47年(1972年)社殿を再建。

境内[編集]

祭事[編集]

その他[編集]

  • 毎月13日には、様々なお店が出る「十三市」(じゅうそういち)が開かれている(8月と11月は、13日が土日の場合休み)。

交通アクセス[編集]

出典[編集]

  1. ^ 大阪府神道青年会「大阪府神社名鑑」(1971)
  2. ^ 井上正雄 「大阪府全志」 (1922)全国書誌番号:73012615

外部リンク[編集]