神戸貨物ターミナル駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神戸貨物ターミナル駅
鷹取駅から駅構内を望む
鷹取駅から駅構内を望む
こうべかもつターミナル
- Kōbe Kamotsu Terminal -
新長田 (1.0km)
所在地 神戸市須磨区大池町五丁目1-21
所属事業者 日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 山陽本線
キロ程 5.1km*(神戸起点)
大阪から38.2km
電報略号 タカ
駅構造 地上駅
開業年月日 2003年(平成15年)12月1日**
備考 貨物専用駅
* 鷹取駅と同一駅扱い。
** 神戸貨物ターミナル駅としての開業日。

神戸貨物ターミナル駅(こうべかもつターミナルえき)は兵庫県神戸市須磨区大池町五丁目にある、日本貨物鉄道(JR貨物)山陽本線貨物駅である。営業キロ上では、西日本旅客鉄道(JR西日本)の鷹取駅と同一地点にあり、場内・出発信号機も共用している。

概要[編集]

神戸市において阪神・淡路大震災復興事業として行われている再開発事業に伴い2003年12月1日に廃止された神戸港駅の代替駅である。神戸港駅は、前身の小野浜駅から通算すると96年間の歴史を刻んできたが、東海道本線灘駅東方の東灘信号場で本線から分岐した貨物線で結ばれていた。貨物線の一部は、現在も残っていて歩道になっている。これに対して当駅は荷役ホームが本線に並行して設けられ、到着ホームでコンテナの積卸しをすませてそのまま出発が可能な着発線荷役方式を採用、コンテナ輸送に要するリードタイムを短縮して締切・引渡時刻を大幅に改善するなど、速達性・利便性を飛躍的に向上させた。

当駅が設けられた区域は昭和初期に貨物操車場として整備された一帯で、神戸市街線高架化に際して兵庫駅の貨物取扱設備は地上に残したため、兵庫駅・鷹取駅間を小運転線で連絡して兵庫駅・新川駅和田岬駅等の扱い貨物を鷹取駅構内の操車場まで運び、ここで入換え作業を済ませて本線に送り出していた。貨物扱いを廃止して以降は、もっぱら留置線として利用されていた。また、2000年3月までは隣接して西日本旅客鉄道鷹取工場も置かれており、車両の製造・検査などが行われていた。

鷹取駅と場内・出発信号機を共用しているため、運転士が持参する時刻表(スタフ)では「鷹取・神タ」という形で鷹取駅を同一駅として扱っている。

取扱貨物[編集]

構造[編集]

  • コンテナホームが1面、着発線荷役方式を採用した着発荷役線が3本、着発線が3本ある。着発4番線にはゴムマットが敷設され、コンテナホームから離れた着発5番線でのコンテナ荷役が可能な構造になっている。
  • 営業窓口であるJR貨物兵庫営業支店を併設する。

鉄道配線図[編集]


歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
山陽本線
新長田駅 - 神戸貨物ターミナル駅鷹取駅) - 須磨海浜公園駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]