神戸どうぶつ王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
神戸花鳥園から転送)
移動: 案内検索
神戸どうぶつ王国
Kobe-kacyoen4333.JPG
神戸どうぶつ王国温室
施設情報
テーマ 花と鳥とのふれあい
事業主体 神戸どうぶつ王国
管理運営 神戸どうぶつ王国
面積 約20,000 m2[1]
開園 2006年3月15日
所在地 650-0047
神戸市中央区港島南町7-1-9
位置 北緯34度39分15秒
東経135度13分23秒
座標: 北緯34度39分15秒 東経135度13分23秒
公式サイト 神戸どうぶつ王国
南花ゾーン(ベゴニア
熱帯性スイレン
オオハシエリア
中庭池

神戸どうぶつ王国(こうべどうぶつおうこく)は、兵庫県神戸市中央区ポートアイランドにあるテーマパークである。とのふれあいを基本とした全天候型テーマパーク。多数の展示植物が配置された温室などで数多くの鳥が放し飼いになっており、直接触れあったり餌を与えたりすることができる。

2004年5月、鳥類コレクター加茂元照を代表とする株式会社神戸花鳥園が設立され[1]2006年3月15日、「神戸花鳥園」として開園した[2]

2013年11月20日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した[3]2014年4月1日に、兵庫県神崎郡福崎町にある動物施設運営会社「アニマルエスコートサービス」のグループ会社で神戸市内の「どうぶつ王国」が運営権を取得し、営業を引き継いだ[4]。2014年7月19日に「神戸どうぶつ王国」に名称変更の上リニューアルオープンした[5]した。

主な動植物[編集]

主な施設[編集]

長屋門を除くほとんどの場所で餌付け用の餌が販売されており、自由に餌付けが可能。

  • 長屋門
  • ペンギン池・水鳥池
  • ガラスハウス(温室)
    • 南花ゾーン
    • スイレンゾーン
    • 東バードゾーン
    • フクシアゾーン
  • 中庭池

アクセス[編集]

  1. 神戸市営地下鉄山手線に乗り換えの上、三宮駅からポートライナーに乗車。
  2. タクシーで約14分。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 株式会社神戸花鳥園” (日本語). 東京商工リサーチ (2013年11月21日). 2014年8月17日閲覧。
  2. ^ “神戸花鳥園、15日に開園 神戸空港の対岸” (日本語). asahi.com (朝日新聞社). (2006年3月8日). http://www.asahi.com/special/060206/OSK200603080010.html 2014年8月10日閲覧。 
  3. ^ 土井秀人 (2013年11月20日). “「神戸花鳥園」が民事再生法を申請 営業は続行” (日本語). 神戸新聞 (神戸新聞社). http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201311/0006512167.shtml 2014年8月10日閲覧。 
  4. ^ 有島弘記; 小林伸哉 (2014年4月1日). “花鳥園の運営会社変更 動物施設の傘下に” (日本語). 神戸新聞 (神戸新聞社). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201404/0006826397.shtml 2014年8月10日閲覧。 
  5. ^ 有島弘記 (2014年7月17日). “「ポーアイに「どうぶつ王国」19日オープン 神戸” (日本語). 神戸新聞 (神戸新聞社). http://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/201407/0007154463.shtml 2014年8月10日閲覧。 

外部リンク[編集]