神戸大空襲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
空襲後の神戸
空襲後の神戸湊川地区(ビラの「楠公の霊地」とは楠木正成が祀られる湊川神社を指す)

神戸大空襲(こうべだいくうしゅう)とは、第二次世界大戦大東亜戦争)末期にアメリカ軍が繰り返し行った、神戸市およびその周辺地域に対する戦略爆撃・無差別攻撃の総称である。特に兵庫区林田区など西神戸に大きな被害を出した1945年昭和20年)3月17日と、東神戸および阪神間の町村を壊滅させた同年6月5日の爆撃を指して用いられることが多い。

概要[編集]

神戸とその周辺地域は1945年昭和20年)1月3日から終戦までの約8ヶ月間に、大小合わせて128回の空襲を受け、特に3月17日および6月5日の市街地絨毯爆撃と、川西航空機甲南工場を標的とした5月11日の戦略爆撃によって大きな被害を受けた。被害状況に関する公式記録は存在せず、具体的な数字ははっきりしていないが、被害面積は神戸周辺都市部の21%に及び、少なくとも8841名の市民が犠牲となり、15万人といわれる負傷者、焼失家屋15万戸、のべ65万人もの人々が家屋に被害を受けたといわれている。これは人口および面積から換算した被害率としては、当時の五大都市の中でも最悪の数字であった。

神戸大空襲が登場する作品[編集]

関連文献[編集]

  • 『神戸大空襲』 神戸空襲を記録する会編、のじぎく文庫、1972年
  • 『神戸空襲体験記』総集編、神戸空襲を記録する会編、神戸空襲を記録する会(出版) のじぎく文庫(製作)、1975年 - 資料:神戸空襲を記録する会の歩み:pp.496-498。
  • 『炎の記録神戸大空襲 神戸空襲を記録する会10年の歩み.』 神戸空襲を記録する会、1981年8月。 - 資料:神戸空襲を記録する会の10年・戦時下の世相と神戸空襲:pp.41-46、神戸空襲戦災資料目録:pp.51-60。
  • 『神戸大空襲 戦後60年から明日へ』 神戸空襲を記録する会編、神戸新聞総合出版センター、2005年12月。ISBN 4-343-00339-6 - 資料:折り込1枚。
  • 野坂昭如 『一九四五・夏・神戸』 中央公論社〈中公文庫〉、1977年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]