神尾真由子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神尾 真由子かみお まゆこ1986年6月12日 - )は、大阪府豊中市出身のヴァイオリニストである。チャイコフスキー国際コンクール2007年度優勝者。

経歴[編集]

日本での幼少時代[編集]

4歳の時からヴァイオリンを始め、里屋智佳子小栗まち絵工藤千博に師事。1996年、第50回全日本学生音楽コンクール全国大会小学校の部において4年生で第1位を獲得し、1997年3月、オーチャードホールで、シャルル・デュトワ指揮スーパーサウンド・オーケストラ[1]ラロの『スペイン交響曲』の第5楽章を共演して10歳でソリストとしてデビューした。

初めての国際コンクール出場とアメリカ留学[編集]

1998年ユーディ・メニューイン国際コンクール・ジュニア部門で最年少の11歳で入賞した。2000年ニューヨークへ留学し、アスペン音楽祭ジュリアード音楽院プレカレッジでドロシー・ディレイ川崎雅夫に師事。そして、54か国から422人が参加したヤング・コンサート・アーティスツ国際オーディションで第1位を獲得。2001年8月、サントリーから1727年ストラディヴァリウス(以前ヨーゼフ・ヨアヒムが所有、使用していたもの)を貸与されて弾き始めた。

帰国[編集]

2002年4月、日本に戻り、桐朋女子高等学校初の特待生となり、原田幸一郎に師事した。2002年4月にはアリオン賞を受賞、2003年には第13回出光音楽賞を受賞。また、18歳になる2004年にも国際コンクールに出場し、モンテ・カルロ・ヴァイオリン・マスターズで優勝、ダヴィッド・オイストラフ国際ヴァイオリン・コンクールで第1位を獲得した。

現在[編集]

20歳を迎えた2006年、第5回モントリオール国際音楽コンクールに出場したが、第5位にとどまった。2007年6月には、4年に1度開催される若手演奏家の登竜門である、第13回チャイコフスキー国際コンクールヴァイオリン部門で優勝(ヴァイオリン部門での日本人の優勝は1990年の諏訪内晶子以来2人目)。

2008年、Sony BMG Masterworksと専属録音契約。アスペンのマネージメントにより演奏活動を行っている。また、チューリッヒ音楽院ザハール・ブロンに師事し、研鑽を積んでいる。

2009年6月、アスペンによりファンクラブが設立された。2011年、拠点をニューヨークにうつした。2012年、約10年使用していた上記のストラディバリウスを返却、米国・ストラディバリ・ソサエティーから1735年製グァルネリ・デル・ジェスの貸与を受け、使用している。

2013年7月8日、ロシア人ピアニストのミロスラフ・クルティシェフと結婚した[2]

ディスコグラフィー[編集]

  • PRIMO(2008年6月4日)
  • パガニーニ:24のカプリース(2009年6月3日)
  • チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲(2010年10月27日)
  • ロマンティック・ソナタ~プレイズ・フランク、ブラームス、R.シュトラウス(2012年11月14日)
  • 愛のあいさつ&夢のあとに(2014年10月22日)

注釈[編集]

外部リンク[編集]