神よツァーリを護り給え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
:Боже, царя храни
Bozhe, Tsarya khrani!
和訳例:神よツァーリを護り給え
関連画像
ロシア語の楽譜

国歌の対象
ロシア帝国の旗 ロシア帝国

作詞 ヴァシーリー・アンドレーエヴィチ・ジュコーフスキー
作曲 アレクセイ・フョードロヴィチ・リヴォフ
採用時期 1833年
採用終了 1917年
試聴
テンプレートを表示

神よツァーリを護り給え』(かみよツァーリをまもりたまえ、ロシア語: Боже, царя храни)は、ロシア帝国国歌

概要[編集]

歌は1833年に開かれたコンテストで、詩人ヴァシーリー・アンドレーエヴィチ・ジュコーフスキーВасилий Андреевич Жуковский; 1783年 - 1852年)作詞、バイオリン奏者アレクセイ・フョードロヴィチ・リヴォフАлексей Фёдорович Львов; 1799年? - 1870年)公の作曲したものが選ばれ、同年12月23日ボリショイ劇場で初めて公開され、30日に正式に国歌に制定された[1]1917年まで国歌として使われたが、ロシア革命により帝政が崩壊し二月革命で廃止され、臨時政権下で労働者のラ・マルセイエーズが国歌となり、1922年にソビエト連邦が成立すると、インターナショナルが新しい国歌となる。

楽曲はチャイコフスキー作曲の「序曲1812年」のフィナーレや「スラヴ行進曲」に引用され、また、米国ペンシルベニア州の州歌である「ペンシルベニア万歳 (Hail, Pennsylvania!)」や "God, the Omnipotent!"、Order of the Arrow の公式歌である "Firm Bound in Brotherhood" では同じ楽曲を別の歌詞と共に使っている。なお、ロシア帝国を否定したソ連時代には、チャイコフスキーの上記の作品などにおいて、この曲の引用部分を削除して別の曲に差し替えた改竄版が作成されていた(現在は元に戻されている)。

当初の歌詞は違ったものが採用されており、1815年に制定された国歌では、曲はイギリス国歌と同じで、歌詞は1833年版に於ける2番の歌詞が使用されていた。

歌詞[編集]

全部で7番まであり、各節では前半と後半でそれぞれ2回繰り返す。

日本語訳[編集]

1番のみ。

神よ、ツァーリを護り給え!
力強い、偉大なる、
栄光のうちに君臨し給え、
栄光のうちに我らに!
恐怖のうちに敵に君臨せよ、
正教のツァーリ、
神よ、ツァーリを、
ツァーリを護り給え!

出典[編集]

  1. ^ コムソモリスカヤ・プラヴダ紙1993年12月13日付、アレクサンドル・ガモフ記者署名記事より。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]