祖谷渓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
祖谷渓谷
奥祖谷二重かずら橋
祖谷のかずら橋

祖谷渓(いやだに/いやけい)は徳島県三好市に位置する深いV字谷の続く渓谷。祖谷谷、祖谷渓谷ともいう。

概要[編集]

吉野川支流の祖谷川にあり、全長は10kmにも及ぶ。高さ数十~100mの高低差もさることながら、降水量も多いために樹木が生い茂り、隔絶された深山幽谷景観を擁する。また一帯は平家の隠れ里(地理学的には隠田集落と呼ぶ)として名高く、日本三大秘境を謳う地であり、山麓にへばりつくように住宅が点在する。とくしま88景に選定。

四国三郎ともいわれた吉野川は暴れ川で知られ、支流のこの川も例外ではなかった。加えて河谷の急峻さもあって、川を跨ぐのは至難の業であった。そのために集落を跨ぐ橋が設けられた。それが西祖谷山にあるかずら橋重要有形民俗文化財)であり、また東祖谷山には奥祖谷二重かずら橋がある。

名物の祖谷そばは有名。また他にこんにゃくなどを産する。祖谷温泉が湧出してからは観光地としての色も一段と高まった。標高が高いために冬期には降雪も確認される。

この祖谷から更に西に進むと大歩危小歩危がある。いずれも剣山国定公園の指定地域。

交通[編集]

祖谷のかずら橋へ[編集]

奥祖谷二重かずら橋へ[編集]

祖谷渓へ[編集]

関連項目[編集]